ワクチン・レース

ウイルス感染症と戦った,科学者,政治家,そして犠牲者たち

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #ワクチンレース #NetGalleyJP

内容紹介

人類を救う開発に挑んだ者たちを描く第一級の「科学ノンフィクション」

1960年代まで、何万人もの子供が風疹を原因とする先天異常に苦しんできました。 当時はワクチンがなく、風疹が胎児に障害をもたらすこともほとんど知られていませんでした。
1962年6月、フィラデルフィアのある若い生物学者が、安全で無菌の最初の細胞系の培養に成功。子どもがかかる一般的な病気のワクチンを大量生産できる細胞だ。それから2年、...

出版社からの備考・コメント

【風疹ワクチン】: 現在、日本でも幼小児期の2回接種が行われているが、定期予防接種が行われていなかった世代での感染・発症者が確認されており、抗体検査・予防接種の啓発活動が行われている。アメリカではワクチン接種の徹底により、すでに大陸レベルでの根絶がされているため、日本からアメリカへの渡航の際に免疫があることを証明する書類を用意しなくてはならない。


校了前のデータを元に作成しています。刊行時に...

おすすめコメント

【原書読者コメント】

科学者、政治家、医者、子を持つ親、そして医学研究の世界に興味を持つすべての人におすすめ。科学がどのように進展するかを知り、科学のなしうるベストと我々にとってのベストに政治がいかに介入でき、実際に介入しているかを知るために、是非とも読んでもらいたい一冊。
ーー『ハフィントン・ポスト』

これは病との闘いーー終わりのない闘いーーの物語である。そして、計り知れない価値を持つワクチンの、開発...