跡を消す

特殊清掃専門会社デッドモーニング

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

刊行日

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #跡を消す #NetGalleyJP

内容紹介

気ままなフリーター生活を送る浅井航は、ひょんなことから飲み屋で知り合った笹川啓介の会社「デッドモーニング」で働くことになる。そこは、孤立死や自殺など、わけありの死に方をした人たちの部屋を片付ける、特殊清掃専門の会社だった。

「寿司を食いたい。でも我慢」と書き残して孤立死した老人。趣味の登山ブーツに遺書を忍ばせて自殺した会社員。同居している家族がいるにもかかわらず、死後2週間経つまで発見されなかっ...

おすすめコメント

本書は、気ままなフリーター生活を送っていた主人公が、孤立死や自殺など、わけありの亡くなり方をした人たちの部屋を片付ける、特殊清掃専門の会社で働くことになったことをきっかけに、「一人で死を迎えることが特別なことでなくなった今、それでも誰かと生きていくとはどういうことか」を考えていく作品です。

凄惨な現場をリアリティをもって描きながら、一人の若者が誠実に生と死に向き合うようになる過程が清々しい、爽や...