黒いサカナ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #黒いサカナ #NetGalleyJP

内容紹介

「リコール」の保坂祐希が贈る、

食の不正を暴く、社会派エンタメ企業小説!

絶滅危惧種でありながら日々食卓にあがり続ける、身近な「ウナギ」。

いまだ生態に多くの謎が残る高級食材の流通をめぐり、巨大スーパー・ヴィアンモールと裏社会の人々、そして元総会屋が暗躍する。しかし、その裏には国が躍起になって隠蔽する戦慄の真実が隠されていた――。


おすすめコメント

スーパーで簡単に手に入る“絶滅危惧種”のウナギ。なぜ? と疑問に思ったことはありませんか? データで見ると、漁獲量より流通量の方が圧倒的に多いという“事実”。

国産でも輸入でもまかなえていない(はずの)ウナギは、一体どこから来るのか?

その“闇”が明らかになったら、あなたはもうウナギを食べられない――。