昨日星を探した言い訳

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #昨日星を探した言い訳 #NetGalleyJP

内容紹介

『いなくなれ、群青』の著者による、愛と倫理の物語‼

全寮制の中高一貫名門校に優秀な成績で進学した坂口孝文は、中学2年に進学して転入生の茅森良子と同級生になる。生まれつき緑色の瞳をもつ茅森は、目の色による差別が表向きにはなくなったこの国で、総理大臣となって、真の平等な社会を創ることを目指していた。茅森と親しくなった坂口は秘密を打ち明けられる。茅森が図書委員になったのは、校内のどこかにある映画監督・清寺...

おすすめコメント

書評家・ライターの吉田大助氏からの熱烈推薦‼

「コミュニティとルール」「他者との対話」を描き続けてきた著者が辿り着いた、愛と倫理の物語。かすかなファンタジーを取り入れながらも、現在の世界情勢を吸い込んだ学園生活の描写はとびきりリアル。日常生活に潜む「政治」を取り出し、エンターテインメント化する筆さばきに痺れた。問答無用の著者最高傑作!!


【一足先に読んだ読者から届いた感想コメント】

・素晴らしい純愛小説...