哲学トレーニングブック

考えることが自由に至るために

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #哲学トレーニングブック #NetGalleyJP

内容紹介

哲学に「究極の賭博性」を見出し、「私はどうしたって、血で書いたような文章を好む。そして魂の叫びがまったく聞こえない文章はただちに放り出したくなる」と語る著者が、哲学書を読むための実践的トレーニングを示す。

文章を正確に読むことはむずかしい。まして、哲学の文章は、訓練なしに読めるようにはならない。必要なことは、自分で「読書ノート」をとることだ。ではどのようにして? ある実践的かつ模範的なサンプルがここ...

おすすめコメント

小社刊『「差別はいけない」とみんないうけれど。』(綿野恵太著、紀伊國屋じんぶん大賞第2位)をご愛読いただいた方にも、おススメの新刊です!