歪んだ正義

「普通の人」がなぜ過激化するのか

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #歪んだ正義毎日新聞 #NetGalleyJP

内容紹介

「自分は絶対に正しい」と思い込むと、人間の凶暴性が牙をむく。

テロリズム、学校襲撃、通り魔、 コロナ禍に現れた「自粛警察」に 共通する暴力のメカニズムを 気鋭のジャーナリストが解き明かす。 


本書は、「普通の人」がさまざまな経緯を経て 過激化へと突き進むにいたるその道のりを、 いわば体系的に地図化しようという試みだ。

過激性はどこから生まれ、どのように育つのか。 そうしたプロセスを可能な限り「見...