おはなしSDGs 安全な水とトイレを世界中に 水とトイレがなかったら?

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #おはなしSDGs安全な水とトイレを世界中に水とトイレがなかったら #NetGalleyJP

内容紹介

夏休み、田舎のおじいさんの家に遊びに行った春樹。
おじいさんの家のトイレは、いまだに「ぼっとん便所」。しかもそこからくみあげた下肥で農作物を作っているらしい。そんなトイレを汚いと思う春樹におじいさんは、トイレに苦労してきた世界の歴史を語る。そして、おじいさんお手製のタイムマシーン(?)で、むかしのパリやローマ、江戸の町の水とトイレをめぐる旅に出かけるのだが……!?

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。
※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

おすすめコメント

物語を楽しみながらSDGsについて学べる「おはなしSDGs」シリーズ。
その1冊『水とトイレがなかったら?』は、SDGsのゴール6「安全な水とトイレを世界中に」が目指す目標をわかりやすく解説します。世界の水とトイレについての問題点、それを解決するために何をするべきかのヒントがいっぱいの本です。


販促プラン

★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は   
恐れ入りますが<講談社 販売部>まで直接お問合せをお願い致します。      

★★