ガザ、西岸地区、アンマン 「国境なき医師団」を見に行く

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #国境なき医師団を見に行く #NetGalleyJP

内容紹介

世界の矛盾が凝縮された場所――パレスチナ。

「国境なき医師団」に同行して現地を訪ねた作家が、そこに生きる人たちの困難と希望を、等身大の言葉で伝える傑作ルポルタージュ! 

抗議デモで銃撃されるガザの若者たち、巨大な分離壁で囲まれた西岸地区、 紛争被害者が集まるアンマンの病院――。
そこで作家は何を見、何を聞き、何を考えたのか?

◆著者プロフィール◆
1961年、東京都生まれ。編集者を経て、作家、ク...

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。
※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

おすすめコメント

「見つめるほうも、見つめられるほうも、その瞬間を生きている。
戸惑いの中から漏れる言葉に吸い寄せられた。」 
――武田砂鉄さん(ライター) 

「ニュースでは見えない人間のドラマは、いとうさんだから書けた。 
最前線のリアルが立体的に伝わる一冊です。」
――白川優子さん(「国境なき医師団」看護師)

販促プラン

★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は  
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。       

★★