新装版 目からウロコのコーチング

なぜ、あの人には部下がついてくるのか?

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2020/02/04 | 掲載終了日 2021/02/10

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#新装版目からウロコのコーチング #NetGalleyJP


内容紹介

相手のモチベーションを上げて最良の結果を導く!

コーチングの入門書の決定版。

「どうすれば、部下のやる気を引き出し、成果を上げることができるだろうか?」――多くのチームリーダーが抱える悩みである。 

本書では、多くの経営者・管理者を指導してきたカリスマコーチが、「上司と部下」「セールスマンと顧客」「銀座№1ホステスと常連客」のケースなど、豊富な事例を挙げながらコーチングの本質をわかりやすく伝授。

「コーチとは、聴いて・受け入れて・質問すること」「答えはその人の中にある」と筆者はいう。

コーチングの基本技術の一つ「聴く」ことについても、「答えを誘導しない」「承認と褒めることとの違い」等、具体例にもとづき詳しく解説しているので、現場で応用しやすい。

初心者からさらにスキルを深めたい人まで、「こういうことだったのか!」と、大好評の既刊『目からウロコのコーチング』に加筆・修正した新装版。

相手のモチベーションを上げて最良の結果を導く!

コーチングの入門書の決定版。

「どうすれば、部下のやる気を引き出し、成果を上げることができるだろうか?」――多くのチームリーダーが抱える悩みである。 

本書では、多くの経営者・管理者を指導してきたカリスマコーチが、「上司と部下」「セールスマンと顧客」「銀座№1ホステスと常連客」のケースなど、豊富な事例を挙げながらコーチングの本質をわかりやすく伝授。

「コ...


おすすめコメント

多くの管理者を甦らせてきた著者が、部下の「心に届く」実践的コーチング術を紹介。

コーチング入門書の決定版、新装でリニューアル。

多くの管理者を甦らせてきた著者が、部下の「心に届く」実践的コーチング術を紹介。

コーチング入門書の決定版、新装でリニューアル。


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784569769776
本体価格 ¥800 (JPY)

関連リンク

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

コーチングって凄い。 部下をうまく育てられない…それが私の悩みでした。悩みを何とかしたくて、こちらを読んでみましたが、自分がしていた事が、部下の成長を妨げていたんだなと、反省しました。 そして、コーチング。 部下に自ら考えて行動して欲しい、その為の思考力をつけて欲しい!そう願う上司が知るべき教育法でした。 自分がどう考えているかを言葉にするのは難しいですが、コーチングスキルを使えばそれが教えられる。 仕事だけでなく、子育てにも良さそうだな、と思っています。AIに負けない、自ら考えられる子に育ってほしい。と願う親にもぴったりです。

このレビューは参考になりましたか?

2020年刊行ということで拝見しましたが、実は2004年刊行の本の文庫版でした。 蔵書にコーチングの本を増やしたいと思っているのですが、本書は銀座のホステスさんがお手本になっており、学校図書館にはなじまないように思われました。「銀座のホステス」のイメージを持たない部活の部長が部員への接し方を学ぶためコーチングの本を読んだら・・・。 また、会話例の多くがNG例である点も気になりました。OK例を多く示していただきたかったです。 版面は見やすく作られており、読みやすい本でした。

このレビューは参考になりましたか?

近年コーチングと言う言葉を良く聞く。これは、マネジメントの手法のひとつであるが、コーチという言葉から連想できるように、指示・命令によって部下などを動かすのではなく、相手の話を良く聞き、自分で考えさせ、自発的な行動を起こさせるというものだ。答えは相手の中にあることが多い。それを自分の思うように誘導してはいけない。適切な質問をすることにより、相手の考えを引き出すのである。必ずしも満点である必要はない。しかし人から答えを与えられるより、自分で答えを出す方が圧倒的にエネルギーが湧いてくるものだ。  ただ、すべてを本書の通りにすればいいというものではないだろう。シチュエーションは千差万別なのである。大切なのは、本書を読んで、自分の頭で考えること。そのためのヒントは本書に沢山詰まっていると思う。

このレビューは参考になりましたか?