巨悪

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。
ログインするとリクエスト可能か確認できます。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #巨悪 #NetGalleyJP

内容紹介

消えた復興予算、2兆円。
この国には、震災を食い物にする奴らがいる――。 


《日本最強の捜査機関》東京地検特捜部に配属された検事・中澤源吾は追い詰められていた。 

大手運送会社社長の億単位の脱税疑惑を追うも、立証できたのはごく一部。 
だが、元同級生の事務官・城島毅らと捜査を進めるうち、不可解な金の動きは東日本大震災の復興補助金に繋がり――。 

元記者の著者による、骨太の社会派ミステリー!

出版社からの備考・コメント

校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください。
※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

おすすめコメント

これほどまでに真に迫る形で、「東京地検特捜部」を扱った入魂の小説があっただろうか。
『巨悪』を読めば、わかるだろう。 
伊兼源太郎が、いま猛烈な勢いで巨星・横山秀夫の域に近づきつつある要注目の俊英だと! 
――宇田川拓也(ときわ書房本店) 


理不尽な社会の拳となるのは絶望から生まれた怒りの感情。 
「巨悪」とはこの世を覆い尽くす闇でもあれば身近に潜む棘でもある。
本物の正義が伝わる揺るぎなき物語! 
目...

販促プラン

★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。       

★★