走れ、若き五右衛門

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

この作品を話題にする際には、ぜひ次のハッシュタグを付けて投稿ください: #走れ若き五右衛門 #NetGalleyJP

内容紹介

釜茹でで有名な石川五右衛門。だが大盗賊を率 いるまでの足跡はあまり知られていない。
その若き悪人の青春を描くピカレスクロマン!

遠江に生まれた虎太は母親・右(ゆう)に女手一つで育てられていた。『論語』や『孟子』、算術や刀槍の使い方まで教え込む厳しい母だった。ところが15歳のときに転機が訪れる。家の近所で戦ごっこをしていたところを人攫いに遭ってしまうのだ。同じ境涯の少年たちと西へ向かって連行されていく...

出版社からの備考・コメント

★発売前作品のため、ネタバレや、読書メーターやブクログなど外部書評サイトで発売前にレビューを投稿することはお控えください★
校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。
※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

おすすめコメント

石川五右衛門はそれこそ直接関わった豊臣秀吉をはじめ、織田信長や徳川家康などの天下人にも引けを取らない有名人。しかも天下人とは対極の大盗賊の頭なのだから、おそらく盗人では日本一有名ということになろう。
ところがその五右衛門、捕まるまでの経歴はほとんど知られていない。というか、幼少のころのことなどが分かる資料が皆無に等しいのだ。
歌舞伎などがその知名度アップに寄与しているのであろうが、そこまでの域に達した...

販促プラン

★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は  
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。        

★★