この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/03/11 | 掲載終了日 2021/03/10
エムディエヌコーポレーション, リットーミュージック

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#岡平健治 #NetGalleyJP


内容紹介

※リクエストは2/17(水)より受付開始いたします。

19で一世を風靡し、現在は実業家としても活躍。
なぜ彼はこの両方で成功できたのか? その秘密を足跡から探る。

※リクエストは2/17(水)より受付開始いたします。

19で一世を風靡し、現在は実業家としても活躍。
なぜ彼はこの両方で成功できたのか? その秘密を足跡から探る。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784845635917
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)

NetGalley会員レビュー

もっと早く読みたかった…。「私(ケンジの自分自身)」をさらけ出して、刊行してくれたことに感謝しかないです。
約20年前のあのいきなりの解散発表。あまりにもショッキングな出来事でしたが、そのときのケンジと敬吾のやりとりが綴られていて、今になって、ふむふむ、とうなずく。

僕は、第3章の3B LAB☆.のストーリーがとても面白かったです。
19の次のケンジのバンドとして聴いていましたが、曲しか追いかけておらず、彼らの思想や哲学まではこの本を読むまでは全く知らなかったです。
良い曲はかけなかったとケンジは本書で語るが、振り返ればそうかもしれないが、当時のケンジだって一生懸命やってたはず。当時のファンには必ず届いてるはず。
少なくとも今の僕の頭の中にはずっと曲は残っているし、カラオケに行ってもジェネレーションギャップとか無視して必ず歌います。

突如19が解散して、幻のような存在となった伝説のフォークデュオでしたが、この本を読んで、ケンジは幻ではなく一人の岡平健治という人間だったということを感じ、これからも応援したくなりました。
リクエスト承認ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?