縄文の狼

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/06/12 | 掲載終了日 2021/06/09

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#縄文の狼 #NetGalleyJP


内容紹介

縄文時代を舞台に、少年と狼の絆を描く感動作

「狼の血が流れてるらしいぜ」狼とともに育った少年キセキ。1万年以上前の縄文時代に繰り広げられる、少年と狼たちの絆と進化の物語。(対象読者:小学校高学年から)

前作『こんぴら狗』で、第64回 青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選定、日本児童文学者協会賞、産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)、小学館児童出版文化賞など数々の賞を受賞した作家・今井恭子の渾身作。

縄文時代を舞台に、少年と狼の絆を描く感動作

「狼の血が流れてるらしいぜ」狼とともに育った少年キセキ。1万年以上前の縄文時代に繰り広げられる、少年と狼たちの絆と進化の物語。(対象読者:小学校高学年から)

前作『こんぴら狗』で、第64回 青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選定、日本児童文学者協会賞、産経児童出版文化賞(産経新聞社賞)、小学館児童出版文化賞など数々の賞を受賞した作家・今井恭子の渾身作。


おすすめコメント

1万年以上も前の縄文時代。史実を踏まえながら縄文時代に生きる市井の人を生き生きと描いた児童文学です。

時代の波にもまれながら、身一つで生き抜く人々の暮らしが臨場感あふれる描写で、生き生きと感じられます。

また、動物の姿をありのままに書くことに定評のある著者ならではの、オオカミのリアルな生態。生きものが好きな人には興味を持っていただける作品です。

1万年以上も前の縄文時代。史実を踏まえながら縄文時代に生きる市井の人を生き生きと描いた児童文学です。

時代の波にもまれながら、身一つで生き抜く人々の暮らしが臨場感あふれる描写で、生き生きと感じられます。

また、動物の姿をありのままに書くことに定評のある著者ならではの、オオカミのリアルな生態。生きものが好きな人には興味を持っていただける作品です。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784774332017
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

縄文時代、山で狩猟生活をする家族と暮らす中で狼に攫われた経験を持つ少年が、1人流れ着いた先で定住する人々と出会い、そこで出会った少女と共に再び故郷を目指す成長物語。主人公が一緒に育った狼犬にも他人にも優しく、誠実なのでとても好感が持てます。もう少し先まで知りたい、という所で終わってしまったので、続きが読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

一人の少年を通し縄文時代の生活と狼の生態をリアルに描いた児童文学。人と共存する犬と相対するとされていた狼、彼らとの暮らしで得た気付きで互いに成長していく生命力溢れる作品。時代は違えど、現代社会でも問題になっている【区別と差別】についても学べる、くもん出版だけあってアカデミックな要素が強く光るところが特にオススメ。従順な動物の愛らしさ、不自由はあるが手が届く範囲内での幸せを守る生活に、憧れを強く感じた。

このレビューは参考になりましたか?

幼少の一時を狼に育てられた少年・キセキ。兄弟のように育ったオオアシやその子ども・ツナグとともに様々な人や生活に触れる成長物語。 様々なものや考えを聞き、それを受け入れ、自分はどう思うのか、を考える……多様性を受け入れるということですが、これが案外難しい。この物語は、多様性を受け入れるキセキの姿を自然と描いているところに爽快感があります。 狼犬の描写も、モフモフ感と可愛さ、時に凶暴さ、たくましさが目の前に迫ってくるようなリアルさが素敵だと思います。

このレビューは参考になりましたか?