自分探しの倫理学

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/07/20 | 掲載終了日 2021/07/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#自分探しの倫理学 #NetGalleyJP


内容紹介

アリストテレス、スピノザ、ドゥルーズ、道元、エヴァンゲリオン――
中世哲学と現代のアニメーションが接続し、
「自分とは何か」を巡る旅が始まる


「自分とは何か」「何のために生きているのか」
——誰しも一度はそんな疑問を抱えたことがあるだろう(ない人は幸せだ)。
アカデミックな哲学や倫理学は高尚で、そんな俗世の悩みには答えてくれないように思える。自分とは何かに対する唯一の正解など存在しないが、その「分からなさ」に身を浸すことが大切なのだ。
この本は、「自分探し」をあきらめた大人たちと、自分が嫌いなあなたのための倫理学である。

「自分探しの途上で死んでいくことが人生なのだ、と最初に結論を書いてしまうと話は続かないが、哲学は結論から前提に進んでいく学問だ。人生をその終わりから手前に向かって進む行程として考える「ひねくれ者」がいてもよいのではないか。」(本文より)

アリストテレス、スピノザ、ドゥルーズ、道元、エヴァンゲリオン――
中世哲学と現代のアニメーションが接続し、
「自分とは何か」を巡る旅が始まる


「自分とは何か」「何のために生きているのか」
——誰しも一度はそんな疑問を抱えたことがあるだろう(ない人は幸せだ)。
アカデミックな哲学や倫理学は高尚で、そんな俗世の悩みには答えてくれないように思える。自分とは何かに対する唯一の正解など存在しないが、その「分からなさ」...


出版情報

ISBN 9784798701813
本体価格 ¥1,900 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

エヴァンゲリオン、有名なアニメですが、残念ながら見たことがないどころか、どんな話なのかもわからないので、エヴァンゲリオンを知っていることが所与となっている本書は、そこからまず理解できなくて残念でした。コンセプトは面白く、哲学的なところも興味深かったですが、教養がない私にとっては、倫理学というのがイメージしているものとは違っていました。

このレビューは参考になりましたか?