21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/07/09 | 掲載終了日 2021/10/13

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#21世紀型のれん分けビジネスの教科書 #NetGalleyJP


内容紹介



信頼ある社員をグループ内で独立させ、
多店舗展開を実現させる「のれん分け」ビジネスで先が読めない時代を乗り越えよう!

・信頼ある社員に任せれば、店舗の収益があがる!
・本部と独立した社員で、店舗立ち上げ費用なども分け合うことができ、
リスクが減る
・優秀な社員が辞めることなく、グループ内にとどまることで、競争力が高まる!

直営展開でもフランチャイズでも実現できなかった、質の高い多店舗展開を
実現する、それがのれん分けビジネス。



信頼ある社員をグループ内で独立させ、
多店舗展開を実現させる「のれん分け」ビジネスで先が読めない時代を乗り越えよう!

・信頼ある社員に任せれば、店舗の収益があがる!
・本部と独立した社員で、店舗立ち上げ費用なども分け合うことができ、
リスクが減る
・優秀な社員が辞めることなく、グループ内にとどまることで、競争力が高まる!

直営展開でもフランチャイズでも実現できなかった、質の高い多店舗展開を
実現する、それがのれ...


出版情報

ISBN 9784426127176
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

優秀の人ほど、独立し、ポストコロナを乗り切る。 ざっくりいうと、のれん分け制度がもたらすメリットを事細かく記している。 終身雇用の崩壊は、さまさざまな環境変化を起こしている。 一昔前のビジネスモデルが通用していない現状は、経営者でもなんでもない僕でもはっきり捉えることができている。 何年も賃金が上がらない日本経済だが、税金はなぜか上がっているという謎。 とは言え、GDPは今だに高水準にいると言った具合に不思議な国でもある。 本書を手にし読んでいると、働くことについてのそもそも論に立ち返えりそうだ。 会社のために努め、キャリア形成に邁進していく。 しかし、それはなんのためなんだろうー。 のれん分け制度のビジネスを考える、と同時に自ら社会理念に立ちかえる。 一つのビジネスモデルとして大変参考になった。

このレビューは参考になりましたか?

【21世紀型「のれん分け」ビジネスの教科書】 のれん分けの意味がわからずに読みはじめました。 会社から独立するが、独立前の会社のブランドやノウハウなどを利用して、 別の店舗を作るのがのれん分けということです。 こんな会社の運び型があるんだなと勉強になりました。 そして、のれん分けする際には、契約内容が非常に大事なのと やはり #信頼関係 が一番重要になるようです。 #直売店舗とのれん分けの違い #会社の発展 #社員の自己実現 #のれん分けした方が持続化給付金がもらえる #店舗数や規模は無関係 #独立に向かない人 #ルールの整理と具現化 . . . ##21世紀型 #のれん分け #ビジネスの教科書 #高木悠 #読書 #読書日記 #読書ノート

このレビューは参考になりましたか?

「のれん分け」というビジネスモデル、ビジネスの仕組みを知るということが、とても勉強になりました。 著者のプロフィールを読むと、その積み重ねられた実績の裏側には、挫折を経験していていたりと、山あり谷ありの人生観から書かれた本であることがわかる。 こののれん分けビジネスは、アイデアとして、他にも応用ができそうなので、仕事に煮詰まった方、アイデアが欲しい方、そしてもちろん、多店舗展開で事業を拡大されたい方に向けて、おすすめの一冊です。

このレビューは参考になりましたか?