月と日の后

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/09/17 | 掲載終了日 2021/09/16

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#月と日の后 #NetGalleyJP


内容紹介

一族の闇、怨念、陰謀が渦巻く宮廷――

藤原道長の娘にして、一条天皇の后・彰子。

父に利用されるだけだった内気な少女は、いかにして怨霊が跋扈する朝廷に平穏をもたらす「国母」となったのか。

『天地明察』の著者が、“平安のゴッドマザー”の感動の生涯を描く。

わずか12歳で一条天皇の后となった、藤原道長の娘、彰子。

幼すぎる入内、未熟な心。夫である一条天皇は優しく彼女を包み込むが、彼が真に愛した女性・定子の存在は、つねに彰子に付きまとう。

しかし、定子が遺した子を抱きしめた日から、彰子の人生は動き始める。

父や夫に照らされる“月”でしかなかった彰子が、紫式部にも支えられ、やがて「国母」として自ら光を放ち出すまで――。

平安王朝を新たな視点からドラマチックに描いた著者渾身の傑作長編。

一族の闇、怨念、陰謀が渦巻く宮廷――

藤原道長の娘にして、一条天皇の后・彰子。

父に利用されるだけだった内気な少女は、いかにして怨霊が跋扈する朝廷に平穏をもたらす「国母」となったのか。

『天地明察』の著者が、“平安のゴッドマザー”の感動の生涯を描く。

わずか12歳で一条天皇の后となった、藤原道長の娘、彰子。

幼すぎる入内、未熟な心。夫である一条天皇は優しく彼女を包み込むが、彼が真に愛した女性・定子の存在は、...


おすすめコメント

「わたしがこの子の母になる」――内向的な少女は、いかにして平安王朝の“国母"となったか。

藤原彰子の生涯を描いた感動の歴史長編。

「わたしがこの子の母になる」――内向的な少女は、いかにして平安王朝の“国母"となったか。

藤原彰子の生涯を描いた感動の歴史長編。


出版情報

ISBN 9784569850092
本体価格 ¥1,900 (JPY)

関連リンク

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

藤原道長の娘彰子が12歳で一条天皇の后となり、政権に関わる国母としての姿が描かれている。 父の藤原道長が権力争いのために使った道具のような三人の娘。 時代小説はほとんど読まず、特にこの時代のものは、物怪や呪詛を描いていそうで読まずにいた。 幼くして嫁いだが、一条天皇が注いでくれた愛情に報うために成長していく彰子が女性としてとても魅力的だった。静かに語られるためとても読みやすい。 特に印象に残ったのは、怨みを持たぬ考えを持つきっかけになる場面。 怨みに囚われたおばである詮子との対面で人が怨みに囚われた時見せる感情は、時代を問わず醜ささえ感じる。 その後も何度も怨みを持たないようにと繰り返され、子供達にも教育していく。 一条天皇最愛の定子の子を、幼いながらも愛情深く育てる姿は、後に国母として生きる人の器なのだろう 紫式部との出会いで、女性が学問することについても語られるが、知識を希求するそんな女性に映る。この時代だからこそ、勉学に対する男女差別は大きかったのだろう。いや今でも女性が勉学することを良しとしない人もいる。そんな安っぽい男女差別みたいな表現しか出来ないのが彰子に申し訳ない。 知識は大切な人を支えるための武器となるのだなと思えた。 もちろん、史実として悲しい別れもある。その悲しさを乗り越える彰子の根底にあるものは何だろうか。 時代小説として読み始めたが、そこには聡明で怨みを持たず生きる魅力的な彰子がいた。 時代小説が苦手な人にも、一人の女性の生涯の話としておすすめしたい。

このレビューは参考になりましたか?

とても静かで美しい、壮大で、荘厳な物語でした。 紫式部が仕えた人、として知られる藤原彰子の人生を、一人称目線で記す伝記。天地明察もそうでしたが、淡々と静かな筆致で心情を積み重ねることにより、主人公の貴さが浮かび上がってきます。 この気持ちのまま、これから「紫式部日記」を読もうと思います。本作は後世に残る名作だと思います。読ませていただき、ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

藤原氏のゴッドマザーの一代記です。藤原氏の栄枯盛衰がよくわかって、面白かったです。 貴族文化まっただ中、もう一人の皇后定子との軋轢の物語かと思っていましたが、まったく逆で、自分が愛した天皇の子供を守りたい母の物語でした。いつの時代も、影の権力者は、女性なんですね。他の皇后や女御たちもクローズアップしてほしいです。

このレビューは参考になりましたか?

藤原彰子の生涯を描く唯一のエンターテイメント作品ではないでしょうか? 普段授業では触れない彰子の成長ぶりや、紫式部との関係性がよく理解でき、それこそ「意外性」の一言に尽きるのではないでしょうか?また娘から見た道長像も新鮮で、描かれる親子の姿も共感をえられるのではないかと思われました。一条天皇との夫婦愛についても、一般的には理解できる・できない面も分かれるところですが、情感たっぷりに描かれていると思います。特に前半部分に引き込まれました。授業の方向性についても今後変わるかもしれません。是非とも多くの読者に読まれるべき傑作です。

このレビューは参考になりましたか?

歴史小説は普段読まないのですが、あまりの面白さに一気に読み切ってしまいました。藤原道長の娘、紫式部が仕えた女性、清少納言が付く定子の対極にいた女性・・・そんなぼんやりとしたイメージだった藤原彰子が、今は鮮明な人物像となって浮かび上がっています。藤原氏の栄華の内幕を御簾の内から描いた歴史小説としても十分に楽しめますが、自分の人生の主導権を手中に握り、自分が自分らしく生きようとする女性の物語として秀逸な作品だと思います。現代の何倍もジェンダーに対する偏見が強かった平安時代に、しなやかに信念を持って生き抜いた彰子には、現代の私達も学ぶところが多く、ぜひたくさんの人に読んでほしいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

父親から後宮に送り込まれた少女は、ただ父の権力闘争の道具であるだけではなかった。自らの手で居場所を確保し、周囲に存在を認めさせるためには何が必要か。そのためには学問(漢籍)がカギだと気付き習得に励む。そんな彰子の様に、自分に足りない部分はしっかり勉強していかなきゃ!と奮い立たせられます。

このレビューは参考になりましたか?

平安時代というと貴族同士が権謀術数の限りを尽くす世界というイメージで余り興味が湧かない時代である。しかしながら、本書は藤原道長の長女で一条天皇の中宮となり、二人の天皇の生母として道長の摂関政治を支えた藤原彰子の生涯をいままでにない視点で描いており、最後まで興味深く読書することができた。 藤原氏の氏長者、道長の長女彰子は12歳にして一条天皇の后として8歳年上の従兄一条天皇に入内し、後一条天皇、後朱雀天皇の生母で国母として道長とともに摂関政治体制を確立し、道長出家後は指導力に乏しい弟たちに代えて一門を統率した。この時代、道長の御堂関白日記をはじめとして有力貴族がこぞって日記をしたためていたため、事象としての彰子の事績はおおむねうかがい知ることができる。 冲方は、こうした古典作品のなかの彰子の行動を、一条帝の理想を実現し、まわりの人々から怨み・呪いを取り除くことでで藤原一門やそれに縁する人々が仲良く幸せに暮らせるようにしたいという理念からでたものだする。 彰子自身は日記の類いを残しているわけではないので、実際の心情をうかがい知ることはできないが、冲方はこの作品で、紫式部や赤染衛門、道長・行成・実資などが書いた彰子の行状の内面を見事に描ききっている。平安時代の女性陣は権門勢家相争うなかでも、したたかにしなやかに生きていたのだということを感じさせる作品である。

このレビューは参考になりましたか?

冲方さんの歴史小説はなぜ、こんなに読ませるのだろう。初めて読んだ「天地明察」もそうでしたが、歴史上、決してメジャーな人物にスポットを当てているわけでないのに。丁寧な作り込みが読者にそう感じさせるのか。この作品も藤原道長の娘「藤壺の女御」こと彰子の入内からの生涯を描かれているのですが、時間が経つのが忘れるほど作品に入り込ませていただきました。晩年、彰子をして「誉めてくださいますか、あなた」と言わす下りは彼女の生き様を一言で言い表しているようで思わずほろっとしてしまいました。次はどんな作品を届けてくださるのか楽しみです。読ませてくださりありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

父・藤原道長の謀りで僅か12歳で後宮に入内した彰子の生涯を、同じく権威に振り回された女子供達の苦悩と合わせ綴った歴史エンタメ大作。 右も左も分からぬ幼き彰子の成長を通し描かれる事で、歴史に疎く抵抗がある人も一緒に学び直せ、著者特有のシニカルな解釈も加わる事で面白さが増していた。 女房・紫式部といかにして信頼関係を構築したのかのエピソードが特に興味深かった。平安時代の女性に求められた(許された)教養についての思想は、残念ながら世界では未だ根深く残っている問題で、振り翳す為に知識を得ようとする考えの根底から変えなくてはならないと彰子に教えられた。壮大な愛を感じた。

このレビューは参考になりましたか?

12歳で一条天皇に嫁いだ藤原道長の娘彰子の生涯の物語。時に火災や不慮の死など災難に見舞われる宮中で、帝と藤原家の移り変わりを見守る。后の視点からの平安年代記。おっとりした佇まいを装う才女・紫式部との出会いと交流がいい。この二人の話をもっと見てみたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

父親によりわずか12歳で後宮に送り込まれて心を閉ざして生きる少女が、自分に与えられた使命を認識した瞬間、自らの手で人生を切り開こうと動きだす。そして、なぜ私がここにいるのかという「謎」を解き明かそうとすると、見えてきたのは権力を巡る欲望と怨嗟――。 韓国や中国、ロシアなどの海外ドラマで見る、ドロドロ宮廷ものみたいな展開ですが、日本の朝廷を舞台にしたエンタメドラマというのは見たことがなかったので、とても面白く読ませていただきました。 学問により、そして無私と慈悲の精神により、平安(たいらか)な世をつくらんとした女性の成長記であり、早逝した夫への愛の物語でもあり、そして現代人にとっての学びの書でもあると感じました。

このレビューは参考になりましたか?

彰子は紫式部の仕えた后で定子は清少納言の仕えた后。という程度の知識しかなかったのですが、この作品はその時代の彼女たちの事がとても分かりやすく読みやすく書かれていて、長編なのに夢中であっという間に読んでいました。 自分の権威のことばかり考えるこの時代の男達と、その政争に利用されるだけだったこの時代の女性や子供達。夫である一条天皇の力になりたいと漢学を学び始める彰子の聡明で慈悲深い心と態度に感服しました。改めて枕草子や源氏物語など、この時代の物を読んでみたくなりました。とても良かったです。彰子のファンになりました。(恐れ多いですね)

このレビューは参考になりましたか?