あるひ、いつものがくどうで。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2015/11/15 | 掲載終了日 2021/10/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#あるひいつものがくどうで #NetGalleyJP


内容紹介

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン対象作品】

「がくどう」はもうひとつのおうち。学童保育ってこんなところ。

きょうだいみたいな、ともだち。いつも見守ってくれる指導員さん。「家庭」と「学校」、もうひとつの大切な場所、それが「学童保育」です。友だちと泣いて笑ってけんかして、たくさんのチカラが育まれます。ある学童保育所を舞台に、子どもたち、指導員、そして保護者たちの日々の暮らしと心の交流を描いた、がくどう絵本。

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン対象作品】

「がくどう」はもうひとつのおうち。学童保育ってこんなところ。

きょうだいみたいな、ともだち。いつも見守ってくれる指導員さん。「家庭」と「学校」、もうひとつの大切な場所、それが「学童保育」です。友だちと泣いて笑ってけんかして、たくさんのチカラが育まれます。ある学童保育所を舞台に、子どもたち、指導員、そして保護者たちの日々の暮らしと心の交流を描いた、...


販促プラン

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン】

2021年10月31日(日)まで、絵本作家サトシンさんの作品計20冊以上が一斉掲載中!

ご投稿いただきましたレビューはすべてサトシンさんへお届けいたします。

対象作品1冊以上にレビューをご投稿頂いた方に豪華特典をプレゼント!

みなさま、ふるってご参加ください!


【レビュー投稿者 豪華特典3点】

・サトシンさん直筆サイン入りポストカード

・サトシンさんオリジナルエコバッグ

・サトシンさんZoom読み聞かせイベント 参加券(日時:2021年12月1日(水) 19:00~)

レビュー投稿締切:2021年10月31日(日)23:59

  

【プレゼントに関する注意事項】

・特典の在庫に限りがあるため、無くなり次第終了する場合がございます。その際はこちらページにて告知いたします。

・2021年8月23日~10月31日の期間に対象作品1冊以上にレビューをご投稿いただいた方がプレゼント対象となります。

・複数の作品にレビューをご投稿いただいた場合でも、お一人様1セットのプレゼントとなります。

・プレゼント対象者には、11月15日(月)までに、NetGalleyからプレゼントに関するメールをお送りいたします。NetGalley登録メールアドレスを出版社に開示設定を行なっている方が対象となります。

・発送の都合上、国内在住の方が対象となりますが、Zoom読み聞かせイベントは海外からでもご参加いただけます。

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン】

2021年10月31日(日)まで、絵本作家サトシンさんの作品計20冊以上が一斉掲載中!

ご投稿いただきましたレビューはすべてサトシンさんへお届けいたします。

対象作品1冊以上にレビューをご投稿頂いた方に豪華特典をプレゼント!

みなさま、ふるってご参加ください!


【レビュー投稿者 豪華特典3点】

・サトシンさん直筆サイン入りポストカード ...


出版情報

ISBN 9784904188392
本体価格 ¥1,300 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

学童保育の指導員さんは、ある意味親代わり、年上の仲間代わり、子どもたちの放課後の時間の充実を図ってくれています。 子どもたちは学年を超えたコミュニティーで思わぬ体験をし、引き出しを作っていくし、保護者たちもちょっとした仲間意識で支え合う。 ケンカあり、切磋琢磨あり、人との関わりの中で育つ子どもたちの力が眩しいな。 学童保育を通して、思わぬところで芽を出すタネを、子どもたちはいっぱいもらっているのだと思います。

このレビューは参考になりましたか?

私も学童っ子でした。年上のお兄さんお姉さんに遊んでもらったり、普段全然絡まない子と遊んでいたことが印象的です。そのことから学童は第二の家というより、家とも学校とも違う「別世界」のように感じていました。 小学生だった頃の私にとっては「別世界」でも、学童の先生や両親からしてみたら全然違うんですよね。両親が来るまで過ごしやすいように工夫されていたり、一同に多数の子たちの面倒を見たり……なかなか大変なこともよくわかりました。 それなのに当たり前のように存在している学童……人生で初めて学童を身近に感じた絵本でした。

このレビューは参考になりましたか?

自分も保育所に通い、小学生になってからは学童保育に行った。ゆえに自分の子供たちも同じ環境に置くのに迷いはなかった。 けれど、親の大変さ、子供たちを見守る施設の人たちの仕事、に関しては親になって初めて知ることばかり。 保育園と学童は全然違う、と感じたことは朧げながら覚えている。実際にそうだったと思う、下校時間になり、学校から歩いて学童に向かい、帰りの遅い保護者を待つ。 私はいつもお迎えが遅くなってしまうのが申し訳なかったけれど、いつも一緒で仲良く最後の二人になりながら、自由に、大勢ではできない遊びをしていた子がいた。学童のおやつ、焼きそばとかお好み焼き、のメニューがあって、おやつってそんななのか、と面白かった。 自分の記憶、子育ての記憶が入り混じるが、そんな日常。 コロナ禍で今は子育ての現場も想像つかぬほど厳しい状況だと思うが、皆で乗り切ってゆけますように。

このレビューは参考になりましたか?

学童保育。全国で130万もの利用者がある(2020年)という記事を読みました。この数は、小学生の5人に一人くらいの割合でしょうか? この絵本を読むまで、わたしは、学童保育というものをほとんど知りませんでした。たしかに、現代日本では、家族だけで、こどもの学校時代を過ごさせるのはなかなか難しくなりました。 こどもは、自分の環境を受け入れて生きようとしてくれます。親がどんな感じの親であれ、まっすぐに愛そうとしてくれます。少し我慢して、親のお願いを聞こうとしてくれます。小さな心いっぱいに頑張ってくれます。 でも・・・いろんな環境は、もう、こどもが自ら選んで生まれてきたくらいに開き直らないと「理不尽」です。 そんな胸を苦しくする状況の中、学校と家庭の間を埋める場所を、当たり前のように作ってくれているのが、学童指導員の「やっさん」や「いそさん」や「みっちゃん」たちなんですね。 このサトシンさんの絵本を読んで、子どもたちが、かわいそう?さみしい?そんなふうに思えますか。 これが、あたりまえなんだ。当たり前のあったかい場所なんだ。ケンカも、遊びも、仲直りも、おやつも、かあさん待つのも、さみしいも、楽しいも、みんなあたりまえの日常なんだ。こどもを思う大人たちと、ちょっと頑張る子どもたちの温かい日常なんだ。あるひ、いつものがくどうで起こるあたりまえなんだ。 あたりまえがどれほど大切なものか、ありがたいものか、改めて感じさせてくれました。ありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?