でんせつの きょだいあんまんを はこべ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2011/09/30 | 掲載終了日 2021/10/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#でんせつのきょだいあんまんをはこべ #NetGalleyJP


内容紹介

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン対象作品】

アリたちは、「あんまん」というロマンにすべてをかけた
『うんこ!』のサトシンと、『給食番長』のよしながこうたくが贈る、アリの世界のスペクタクル冒険活劇!

※5さい~一般まで

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン対象作品】

アリたちは、「あんまん」というロマンにすべてをかけた
『うんこ!』のサトシンと、『給食番長』のよしながこうたくが贈る、アリの世界のスペクタクル冒険活劇!

※5さい~一般まで


販促プラン

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン】

2021年10月31日(日)まで、絵本作家サトシンさんの作品計20冊以上が一斉掲載中!

ご投稿いただきましたレビューはすべてサトシンさんへお届けいたします。

対象作品1冊以上にレビューをご投稿頂いた方に豪華特典をプレゼント!

みなさま、ふるってご参加ください!


【レビュー投稿者 豪華特典3点】

・サトシンさん直筆サイン入りポストカード

・サトシンさんオリジナルエコバッグ

・サトシンさんZoom読み聞かせイベント 参加券(日時:2021年12月1日(水) 19:00~)

レビュー投稿締切:2021年10月31日(日)23:59

  

【プレゼントに関する注意事項】

・特典の在庫に限りがあるため、無くなり次第終了する場合がございます。その際はこちらページにて告知いたします。

・2021年8月23日~10月31日の期間に対象作品1冊以上にレビューをご投稿いただいた方がプレゼント対象となります。

・複数の作品にレビューをご投稿いただいた場合でも、お一人様1セットのプレゼントとなります。

・プレゼント対象者には、11月15日(月)までに、NetGalleyからプレゼントに関するメールをお送りいたします。NetGalley登録メールアドレスを出版社に開示設定を行なっている方が対象となります。

・発送の都合上、国内在住の方が対象となりますが、Zoom読み聞かせイベントは海外からでもご参加いただけます。

【サトシン絵本 まるっとレビューキャンペーン】

2021年10月31日(日)まで、絵本作家サトシンさんの作品計20冊以上が一斉掲載中!

ご投稿いただきましたレビューはすべてサトシンさんへお届けいたします。

対象作品1冊以上にレビューをご投稿頂いた方に豪華特典をプレゼント!

みなさま、ふるってご参加ください!


【レビュー投稿者 豪華特典3点】

・サトシンさん直筆サイン入りポストカード ...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784061324817
本体価格 ¥1,400 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

サトシンさんとよしながこうたくさんの最強タッグ。 働きアリたちのマッチョぶりとプロジェクトXばりのテキストが、妙にマッチしておかしみを生みます。 困難に次ぐ困難、手に汗握る展開。そして、思い込みの激しさに思わず笑いが出ます。 アリの自分たちより大きな昆虫たちを使いこなし、みごとに案件をクリアしていくあたりの絵は隅々まで見どころ満載。

このレビューは参考になりましたか?

まず表紙のインパクトがスゴい。一部の子は『怖い』と思うかもしれない。でまそこがこの絵本の大切なところなので理解して欲しい。私たちの世界とは違ったアリの世界は一つ一つ大変(人間的には簡単)。苦労や団結力で一つの目標を達成するところを学べてよかった。とにかく絵が面白い

このレビューは参考になりましたか?

【でんせつのあんまんをはこべ】 暑苦しい絵ですが、なかなか感情が出ていてよかったです。 ありがある日、あんまんをみつけ、それを狩にいく話でした。 絵も一つ一つが丁寧で、ネーミングセンスも抜群でした。 そして、オチもあります。 良くできた絵本でした! . . . #でんせつのあんまんをはこべ #サトシン #よしながこうたく #読書 #絵本

このレビューは参考になりましたか?

アリヤマ・アリロウ隊長は昭和の体育会系のリーダーがごとき熱血漢。 「でんせつの きょだいあんまんを はこべプロジェクト」の成功を、女王、長老に誓ったのだ。アリの巣のみんなに誓ったのだ・・・誓ったからには果たさねばならぬ! 思い込んだら命がけ!仲間をまとめ、命がけ! 残念ながら、わたしたちの国では、いつからかこういうヒーロー像、英雄像をシニカルに扱うのが「今風の気分」になってしまいました。彼らの活躍を素直に認めることはなく、やや、引いた目で、彼らのなりふり構わぬ姿を笑い、そこまでする一途ささえ、疑うような時代になってしまいました。 そんな無理して、鼻を広げて、雄叫び上げて、カッコ悪。無理しなくっても生きてけるでしょ。 でも無理しなくても生きていける、そんな今のこの世界は、無理したものが血と汗と涙と鼻水で作り上げたのを知るべきだ。しかし、それを、アリヤマ・アリロウは語らない。使命に全てを注ぐのみ。困難、困難、また困難。仲間とともに、努力と知恵を惜しみはしない。夢への努力と知恵は惜しみはしないが、現実の結果には頓着しないのがアリヤマ・アリロウ。高まる期待と緊張に、やがて、涙の大成功! そして・・・「緊張」の後の「緩和」は、落語の定石。なんとも、これも、サトシンさん流のてれかくし。大切なことを語った後は、ダジャレを連発。 緊張感を盛り上げる よしながこうたく さんの あっつい絵は、見事に最後の緩和も爆発させる。 子どもたちの心に、この隠れた伝説のヒーロー復権のテーマが届きますように!ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

虫の擬人化具合がリアルでちょっと怖い。けど、そこがいい。 目を惹く原色形のイラストは子供の興味を引くかもしれない。 蟻は自分の何倍もの重さ大きさのものを協力して運んでいる。 実際にこんなふうに計画や実行をしていたら面白いだろうなと思って読みました。

このレビューは参考になりましたか?

これは表紙からして子供たちが食いつくやつだ、となんとなくもうニヤリと笑えてしまう。サトシンさんもよしながこうたくさんも、きっと子供たちにはもう馴染んだ世界を作り出してきた方々だ。アリたちの地面からの目線で描き出すと、何気ないかもしれない風景がこんなにもダイナミックに生まれかわる。最後はもう声を出してワハハ、と笑ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?