キリンのなやみごと

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/09/25 | 掲載終了日 2021/09/21

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#キリンのなやみごと #NetGalleyJP


内容紹介

キリンのエドワードには悩みがありました。ぼくの首は長すぎ、細すぎ、上にいきすぎ、めだちすぎ・・・。「ほめてくれるのはママだけさ」。みんなの首はいいかんじ。ある日カメのサイラスが、エドワードにしかできないお願い事をします。

キリンのエドワードには悩みがありました。ぼくの首は長すぎ、細すぎ、上にいきすぎ、めだちすぎ・・・。「ほめてくれるのはママだけさ」。みんなの首はいいかんじ。ある日カメのサイラスが、エドワードにしかできないお願い事をします。


出版社からの備考・コメント

ジョリ・ジョン 作  レイン・スミス 絵  岡野佳 訳 判型・ページ数 284 × 222 ミリ ・32ページ

ジョリ・ジョン 作  レイン・スミス 絵  岡野佳 訳 判型・ページ数 284 × 222 ミリ ・32ページ


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784759821505
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

自分の長すぎる首が好きじゃないキリン。 自分に自信も持てません。 「うらやましい」と言ってくれるカメに出会い、自分の首もいいかも?と思えるお話です。 キリンの首の模様とか絵本の向きが変わる感じとか、実際の絵本で読むほうが絶対楽しそう!

このレビューは参考になりましたか?

『ペンギンのこまりごと』とともに読みました。 大好きなレイン・スミスの絵がまたまたすてき! 自分の首が嫌いなキリンのエドワード。 どこをどうとってもイヤなところしか目につかない。いわゆるコンプレックスの塊というやつです。 あんまりくどくどぼやくものだから周りのものにも嫌がられる始末。 そんな折の救世主が、カメのサイラス。まぁ上手に使われたような気がしないでもありませんが、エドワードの首でしかできないことを 婉曲に頼むわけです。それでも!これがエドワードの自信になったのですから、結果オーライ。 人生には思いもよらないところから救いの手が差し伸べられることってあるのです!悩んだからこそ気づけたこと。 短所は長所でもあるってこと!

このレビューは参考になりましたか?