リズム・マム・キル

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/11/25 | 掲載終了日 2021/11/25

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#リズムマムキル #NetGalleyJP


内容紹介

 木村るか、小学六年生。傍若無人な母親に振り回される母一人子一人の日常は〈殺し屋・ヤタ〉の登場でぶち壊された。
 るか12歳の誕生日の翌日、リビングに現れたヤタは、母が隠すスマホを求め、躊躇いもせずに母親をナイフで刺し連れ去る。るかは一時近所に住むDQNの充希(みつき)の許に身を寄せるが、舞い戻ったヤタに、彼女共々誘拐されてしまうのだった。ヤタの背後で糸を引くのは、弁護士の晴斗(はると)と半グレのジン。るかが生き延びる道は皆無と思われた矢先、るかとの交流でヤタの心に変化が生まれ、物語の歯車は徐々に逆回転を始めるーー。
 クレイジーな殺し屋と少女の純真なふれ合い、贖罪に挑む人間の底力を描ききった著者渾身のノンストップアクション。

 木村るか、小学六年生。傍若無人な母親に振り回される母一人子一人の日常は〈殺し屋・ヤタ〉の登場でぶち壊された。
 るか12歳の誕生日の翌日、リビングに現れたヤタは、母が隠すスマホを求め、躊躇いもせずに母親をナイフで刺し連れ去る。るかは一時近所に住むDQNの充希(みつき)の許に身を寄せるが、舞い戻ったヤタに、彼女共々誘拐されてしまうのだった。ヤタの背後で糸を引くのは、弁護士の晴斗(はると)と半グレのジ...


出版社からの備考・コメント

北原真理:神奈川県生まれ。2018年『沸点桜 ボイルドフラワー』にて第21回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、デビュー。

北原真理:神奈川県生まれ。2018年『沸点桜 ボイルドフラワー』にて第21回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞し、デビュー。


おすすめコメント

★著者・北原真理さんより、

ゲラをお読みいただける皆様への手紙をいただきました


リズム・マム・キルについて

 いつも御世話になり、ありがとうございます。
 痛めつけられた子供が、どう立ち直り、自分の人生を取り戻すか。
 それを探りながら、この小説を書いていたように思えます。
 平穏な子供時代を送れるということは、幸運と奇跡の賜物ではないのか。アフガニスタンから送られてくるニュースを見て、今日、感じずにはいられません。
「リズム・マム・キル」の子供達も、虐げられ、母という名の十字架を背負わされてきた子供達です。主人公のるかは、それでも運命に抗い、立ち向かおうとします。私も、るかのように真っ直ぐであったなら、もっと悔いのない人生が送れたのではないかと、暗かった十代に思いを馳せましたが、本当はるかのような子供はいないほうがよいのかもしれません。
 拙い小説ですが、目を通していただけたら幸せです。
 御感想をいただけたら嬉しい限りです。
 コロナ禍で、御苦労も多いと存じますが、どうぞ、御体大切に御過ごし下さい。

               

北原真理



★著者・北原真理さんより、

ゲラをお読みいただける皆様への手紙をいただきました


リズム・マム・キルについて

 いつも御世話になり、ありがとうございます。
 痛めつけられた子供が、どう立ち直り、自分の人生を取り戻すか。
 それを探りながら、この小説を書いていたように思えます。
 平穏な子供時代を送れるということは、幸運と奇跡の賜物ではないのか。アフガニスタンから送られてくるニュースを見て、今日、感じずにはいられ...


販促プラン

書店の皆様へ

★10月29日まで★

初回指定承ります。

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)

書店の皆様へ

★10月29日まで★

初回指定承ります。

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784334914318
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)