チグリジアの雨

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/10/15 | 掲載終了日 2021/10/14

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#チグリジアの雨 #NetGalleyJP


内容紹介

命の重要性を問いかけ、連鎖する“いじめ問題”に一石を投じる、青春ミステリ小説。


東京の進学校に通っていた、高校一年の成瀬航基は、母の再婚をきっかけに、ある田舎町に引っ越すことになった。転入して間もない学校生活は順調に進んでいたが、そんな状況が一変し、突然いじめのターゲットになってしまう。いじめは次第にエスカレートしていき、航基は身も心も耐えられなくなっていく。不条理な目に遭うたびに心は削られ、誰にも相談できずに、我慢の限界を迎えた航基が出した結論は「死」。地元で『ゴーストリバー』と呼ばれる河を自殺の場所に選ぶが、その河でほとんど学校にも登校せず、真面目に授業も受けない、クラスメイトの月島咲真と出会う。そんな咲真が航基に対し、「報復ゲームに参加しないか」という衝撃的な一言を放つ――。


命の重要性を問いかけ、連鎖する“いじめ問題”に一石を投じる、青春ミステリ小説。


東京の進学校に通っていた、高校一年の成瀬航基は、母の再婚をきっかけに、ある田舎町に引っ越すことになった。転入して間もない学校生活は順調に進んでいたが、そんな状況が一変し、突然いじめのターゲットになってしまう。いじめは次第にエスカレートしていき、航基は身も心も耐えられなくなっていく。不条理な目に遭うたびに心は削られ、誰にも...


おすすめコメント

生きられるのに選択される「死」。

生きたいのに選択せざるを得ない「死」。

生と死の選択は誰が決めるのか!?

蔑まれた者だけが知る深淵。 

声なき声は届くのか?



生きられるのに選択される「死」。

生きたいのに選択せざるを得ない「死」。

生と死の選択は誰が決めるのか!?

蔑まれた者だけが知る深淵。 

声なき声は届くのか?




出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784758413954
本体価格 ¥1,600 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

いじめという、暗く哀しい社会問題を無くすにはどうすれば良いのか?「助けて下さい」と声を上げることの大切さを、感じました。主人公の成瀬航基の心の動きが、物語が進むにつれて、前向きになって行く姿やもう一人の主人公月島咲真の型破りな行動の中にも人に対しての温かさが良かったです。

このレビューは参考になりましたか?

咲真が映画を好きな理由は、私が小説を好きな理由と同じだ。この物語は、目を背けたくなるような場面がたくさん出てくるけれど、人間の脆さや儚さと同時に、強さや確かさも伝わってくる。この物語を読んで、勇気づけられる人がきっといるはず。

このレビューは参考になりましたか?