ぼくんちのねこのはなし

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/11/18 | 掲載終了日 2021/11/15

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ぼくんちのねこのはなし #NetGalleyJP


内容紹介

人気作家・いとうみくが、介護や治療といった動物と暮らす中で避けられないリアルを描く「猫との別れ」の物語

命の問題に、きっと正解も不正解もない

ぼくんちの猫・ことらは、16歳。ぼくが生まれる前からうちの家族だった。そんなことらは、最近様子がおかしいんだ。好物の焼きのりも、ドライフードも食べなくなって……。お母さんとことらを病院につれていったら、先生は「治らない病気です」って言うんだ。

ほんとうに、ことらはいつか死んじゃうのかな。そんな日、ずっと来なければいいのに。

人気作家・いとうみくが、介護や治療といった動物と暮らす中で避けられないリアルを描く「猫との別れ」の物語

命の問題に、きっと正解も不正解もない

ぼくんちの猫・ことらは、16歳。ぼくが生まれる前からうちの家族だった。そんなことらは、最近様子がおかしいんだ。好物の焼きのりも、ドライフードも食べなくなって……。お母さんとことらを病院につれていったら、先生は「治らない病気です」って言うんだ。

ほんとうに、ことらは...


出版社からの備考・コメント

(作)いとうみく:神奈川県生まれ。『糸子の体重計』(童心社)で日本児童文学協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で日本児童文芸家協会賞、『朔と新」(講談社)で第58回野間児童文芸賞を受賞。おもな作品に、『かあちゃん取扱説明書』『天使のにもつ』(以上、童心社)、『二日月』(そうえん社)、「車夫」シリーズ(小峰書店)、『ひいな』(小学館)、『トリガー』(ポプラ社)、『あいたの幸福』(静山社)、『つくしちゃんとおねえちゃん』(福音館書店)、『カーネーション』『きみひろくん』(くもん出版)などがある。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。 (絵)祖敷大輔:広島県生まれ。イラストレーター。装画を手がけた作品に、2017年に本屋大賞 翻訳小説部門を受賞した『ハリネズミの願い』や『きげんのいいリス』(以上、新潮社)、『星空の谷川俊太郎質問箱』(ほぼ日)など。絵本作品に『あるくくま』(谷川俊太郎・作/クレヨンハウス)がある。

(作)いとうみく:神奈川県生まれ。『糸子の体重計』(童心社)で日本児童文学協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で日本児童文芸家協会賞、『朔と新」(講談社)で第58回野間児童文芸賞を受賞。おもな作品に、『かあちゃん取扱説明書』『天使のにもつ』(以上、童心社)、『二日月』(そうえん社)、「車夫」シリーズ(小峰書店)、『ひいな』(小学館)、『トリガー』(ポプラ社)、『あいたの幸福』(静山社)、『つくしちゃん...


おすすめコメント

少年と猫の物語を通して、「命」と「家族」の問題を読者に問いかける児童文学

少年と猫の物語を通して、「命」と「家族」の問題を読者に問いかける児童文学


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784774332871
本体価格 ¥1,300 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

児童書。一真の猫「ことら」は16歳。最近調子が悪くなり腎不全の診断を受けた事から物語は始まる。少しずつ弱っていくことら。一真や両親の関りを通し、命について改めて考えさせられる。大切なもの、愛する者はいつまでも生きていて欲しい。でも命ある限り、いつかはその灯も失ってしまう。永遠に生きてほしいと願う一真と、ことらが楽になるようにと考える両親の、双方の気持ちが手に取るようにわかり、後半は涙がこぼれた。読みやすく命について学べる1冊。子供たちに是非読んでほしい。

このレビューは参考になりましたか?

愛猫との最期の日々、看取りと介護を通して、少4の一馬が直面する現実と疑問を濃やかに描く。 16歳のことらは、不治の病で体調を崩し、だんだん弱るばかり。一馬が生まれるより先に我が家にやって来たことらは猫でも家族。 命に限りがあることを頭ではわかっていても実感はできず、ことらの死なんか考えたくもない。死を前提に残りの時間を過ごすのもなんだか腑に落ちない。できることとできないことを選別して、どうするのがことらにとって一番いいのかを母と共に考え抜く一馬がいじらしい。 何をしたってペットの死の前にいくばくかの後悔は残る。けれども、ことらを大切に思う気持ちを、懸命な介護の中で自分への勇気としていくことで、一馬は強くなった。切ないお話ですが、命の尊厳を考えてみるいい契機になるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?

生き物を飼うってことはきれいごとばかりではないですよね。主人公の母親の心情にとても共感できました。自分の未来を見ているようでした。こどもに読みやすい量だったので、小学中学年・高学年のどちらにも読んでほしいですね。

このレビューは参考になりましたか?

いとうみくさんの本はどれもそうですが、読み終わるたびに、さすがいとうさんと言ってしまいます。 今回はペットについての話ですが、ただ可愛いペットの話ではなく、現実的な社会問題にもわかりやすくふれられています。 命を預かる深さを感じられる一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

長年親しんだ猫の闘病と家族との別れの時を描いた作品。 我が家にも15年になる老猫がいる。この物語に書かれていたように窓枠だってカーテンレールだって梁にだってすいすい登っていたのに今はぽしょぽ所と階段を上り下りする姿が哀しいくらい。でもこれからもっとできなくなることが増えるのかと思うとつらいなと、この物語を読み感じてしまった。猫はペットという言葉以上の大切な家族だ。この物語の中でもそれぞれの関わりがわかって「ぼくんち」の猫なんだね。 そして大きなテーマは生の反対にある死をどう考えていくべきなのか、看取りの在り方を猫を通して問いかけている。我が家の猫はどうすればいいのか、そして私自身は・・・。でも大きすぎる課題で、まだまだ頑張ってねと猫を撫でてごまかしている。

このレビューは参考になりましたか?

最期の在り方を考えさせられる作品でした。小さくて可愛い子ネコもいつかは年をとり、病気にもなる。そういったことをことらの最期の日々を通して気付かせられ、今一緒に暮らしているねことの日々をより幸せに暮らしたいと改めて感じました。

このレビューは参考になりましたか?

我が家のネコはまだ若いですが、いずれ訪れるであろうお別れを想像してしまいました。大切な家族であるネコと最後まで寄り添うことの重大さを感じました。限りある命について考える良いきっかけとなると思います。年齢問わず、是非家族で読んで話したいお話です。

このレビューは参考になりましたか?

可愛い動物との暮らしは、本当に楽しくて癒されて幸せで。けれど別れは必ず訪れる。16歳の老猫ことらとの、悲しいお別れに接しても悲壮感が無いのは、一真たち家族がことらを愛情持って飼い抜いたから。そしてこの物語で動物の医療費の高さに慄くお母さんはとても現実的です。それでも仕事を抱えながらことらを連れて何度も通院するお母さん。悲しい経験を何度かしている私は、ドキュメンタリーに近い感覚を覚えました。育てることと看取ることは動物を飼う人間に課された責任だと、この物語は子どもたちに教えてくれます。 親子で読んでほしいので、家読におすすめします。

このレビューは参考になりましたか?

いとうみくさんの作品はこんなに考えさせられる本が児童書で良いのかしらっていつも思う。 今回も号泣。 つい自分と重ねてしまった。 動物の医療費は自由診療なので高額になりがち。命を助けたいという思いはあるけれど、金額にも唸ってしまう。 うちは保険に入っていたけれど、幼い頃から病気がちだったし最期までかなりの金額がかかった。それでも大事にしたい、少しでも一緒にいたいという想いで過ごしてきた。 最期は苦しい思いをさせたくない、 この家にきて良かった。 って完全に自己満かもしれないけれど、 そう思って欲しかった。 命に正解はない。 でも後悔はしたくない。 子どもの教育に動物を飼うことは良い影響があるらしいとよく耳にする。 別れるときまで大事に過ごすのは当たり前。 苦しいけれど、命を迎える心構えを親としても伝えなければならない。 動物を飼うことは子どもだけでなく親をも成長させる。 素敵な作品に出会わせて下ってありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?