博物館の少女

怪異研究事始め

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/12/02 | 掲載終了日 2021/12/02

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#博物館の少女 #NetGalleyJP


内容紹介

舞台は明治時代。運命に導かれ、文明開化の東京にやってきた少女イカルは、博物館(現・東京国立博物館)の古蔵で怪異の研究に取りくむ老人の手伝いをすることになる。

富安陽子、大注目の最新作!


明治16年、文明開化の東京にやってきた、大阪の古物商の娘・花岡イカルは、親戚のトヨの用事で上野の博物館を訪れた際、館長に目利きの才を認められ、博物館の古蔵で怪異の研究をしている織田賢司(= 通称トノサマ)の手伝いをすることになる。

トノサマの指示で蔵の整理を始めたイカルだったが、目録と収蔵品の照合を終えた後、黒手匣(くろてばこ)という品物だけが何者かによって持ち去られたことが発覚した。いったい誰が、何の目的で盗んだのか? 隠れキリシタンゆかりの品とも噂される、この匣に隠された秘密とは?


【著者紹介】

著 富安陽子(とみやすようこ)

1959年、東京に生まれる。『クヌギ林のザワザワ荘』により日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、「小さなスズナ姫」シリーズにより新美南吉児童文学賞、『空へつづく神話』により産経児童出版文化賞、『盆まねき』により野間児童文芸賞と産経児童出版文化賞フジテレビ賞、『さくらの谷』により講談社絵本賞を受賞。その他の作品に『やまんば山のモッコたち』『キツネ山の夏休み』『天と地の方程式』『絵物語 古事記』などの作品がある。

舞台は明治時代。運命に導かれ、文明開化の東京にやってきた少女イカルは、博物館(現・東京国立博物館)の古蔵で怪異の研究に取りくむ老人の手伝いをすることになる。

富安陽子、大注目の最新作!


明治16年、文明開化の東京にやってきた、大阪の古物商の娘・花岡イカルは、親戚のトヨの用事で上野の博物館を訪れた際、館長に目利きの才を認められ、博物館の古蔵で怪異の研究をしている織田賢司(= 通称トノサマ)の手伝いをする...


出版社からの備考・コメント

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。


おすすめコメント

●古道具を見立てる目利きの才を持つ古物商の娘イカルは、素直な気性で、いきのいい大阪弁を話す魅力あふれる主人公です。


●江戸情緒を残しつつも、博物館や動物園が作られ、鉄道馬車が走り始めた文明開化の明治時代。怪しげな古道具屋やカソリックの天主堂を巡りながら、主人公イカルは「黒手匣(くろてばこ)」の謎を追い求めます。


●「画鬼」と呼ばれた絵師、河鍋暁斎の娘・トヨ(第165回直木賞受賞作『星落ちて、なお』(澤田瞳子 著/文藝春秋)の主人公)、織田信長直系の子孫で明治維新後は博物館勤務だった織田賢司など、実在の人物が多数登場します。


●装画は今注目を集めているイラストレーター、禅之助さんです。

●古道具を見立てる目利きの才を持つ古物商の娘イカルは、素直な気性で、いきのいい大阪弁を話す魅力あふれる主人公です。


●江戸情緒を残しつつも、博物館や動物園が作られ、鉄道馬車が走り始めた文明開化の明治時代。怪しげな古道具屋やカソリックの天主堂を巡りながら、主人公イカルは「黒手匣(くろてばこ)」の謎を追い求めます。


●「画鬼」と呼ばれた絵師、河鍋暁斎の娘・トヨ(第165回直木賞受賞作『星落ちて、なお』(澤...


販促プラン

レビューをご投稿いただいた方の中から抽選で5名様に、『博物館の少女』著者サイン本をプレゼントいたします。

●レビュー投稿締切:2021年11月30日まで

●応募期間終了後、当選者へプレゼント送付先確認メールをお送りします。

●このプレゼント企画はNetGalleyにメールアドレスをご登録になっている方を対象とさせていただきます。


レビューをご投稿いただいた方の中から抽選で5名様に、『博物館の少女』著者サイン本をプレゼントいたします。

●レビュー投稿締切:2021年11月30日まで

●応募期間終了後、当選者へプレゼント送付先確認メールをお送りします。

●このプレゼント企画はNetGalleyにメールアドレスをご登録になっている方を対象とさせていただきます。



出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784038145100
本体価格 ¥1,400 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

富安陽子さんといえば、図書館では「ムジナ探偵局」「シノダ!」「天と地の方程式」などが人気ですが、ミステリと少しホラーの気配もある新作です。探偵役は織田信長の末裔「トノサマ」、助手は大阪の道具屋で育った少女「イカル」。盗まれた黒手匣を巡る冒険と謎解きと、少しゾッとする結末に引き込まれます。小学生には少しボリュームがあるかもしれないけど、頑張って読んで欲しいです。

このレビューは参考になりましたか?

さすが「シノダ!」シリーズの富安さん。たしかに児童書だけど児童書じゃない、そんな魅力に溢れた読み応えある物語が始まりました! 目利きの才を持つ13歳の少女イカルは気持ちの良い性格の大阪娘。東京で新たな生活に挑み、個性豊か(すぎる)人々の刺激を受けながら不可思議な謎に向き合います。文明開化の明治時代の描写も魅力に溢れ、描かれた謎も後味も中々に重たい。そもそもイカルの上京理由が重いものです。 だけど、これは間違いなくドキドキする素敵な物語。これ、イカルの年齢時に読みたかったなあ!! 禅之助さんの装画が凄く合ってますね。

このレビューは参考になりましたか?

文明開化の時代が描かれたノスタルジックな表紙に引き寄せられました。 両親を亡くし大阪から東京の親戚宅で暮らす13歳の娘が主人公。 主人公は道具屋の娘であった為、美術品に関する目利きの才能があり、博物館で美術品の整理の手伝いをすることになった。その博物館から価値がなさそうな黒手匣が盗まれた。誰が何のために盗んだのか。黒手匣とは一体何なのか。主人公の知りたいという好奇心から、それらの謎を追うストーリー。 主人公の関西弁の語り口が心地よく脳裏に響き、描写表現が巧みで想像しやすく、物語の世界に入り込み読むことができました。 登場人物も個性的で癖があり、良い味を出しています。色々な出来事が次々起こり、ミステリータッチで、想像を超える展開が続き、私はとても面白かったです。一気に読みました!ノスタルジックな表紙に惹かれましたが、読み終えた後も私はノスタルジーな気持ちになりました。 児童書とありますが、大人が読んでも面白いし、むしろ大人の方が読みやすい気もしました。

このレビューは参考になりましたか?

富安陽子さんの作品は面白いものばかりで、今作も期待を裏切ることなく面白かったです。 両親の死をきっかけに、親戚を頼るため上京してきたイカル。目利きで博物館の館長に認められ、トノサマと引き合わされたことをきっかけにイカルの運命は動きはじめます。 舞台が博物館であるということ、焦点が古道具にあてられていること、これだけで面白そうな雰囲気がします。 イカルがトノサマと出会い、「黒手匣」がなくなっていたことが発覚してから物語は急激にまわり始めます。「黒手匣」とは一体何か?、古道具屋で見つけた小皿は?……散らばっていく様々な点と点が繋がっていき、最後、一本の線になる様は圧巻の一言。そしてあやかし要素もさらっと回収。 イカルも主人公らしく名推理……ということはなく、イカルは目利きの腕と好奇心旺盛以外は普通の女の子。そこにも親近感が沸きます。 イカル他、トノサマやアキラたちのキャラも物語の邪魔にならないくらい程よくたっていたのが良い。謎が一つわかるたび、増えるたび、ドキドキする作品です。

このレビューは参考になりましたか?

両親がたて続けに亡くなったことによって、今まで住んでいた大阪から遠い縁者を頼り単身、東京へむかう少女・イカル。 ちゃきちゃきしてて好奇心旺盛なイカルにとって、少し窮屈に感じてしまう大澤家の老夫婦との新たな生活。 そんな中、同年代で絵師でもある(!!)トヨとの外出で博物館へ足を運んだのをきっかけに運命は大きく動き出す。 目利きの才のあるイカルが、古蔵で怪異研究をするトノサマの助手になって早々、博物館へ寄贈された黒手匣の紛失が発覚し、物語はミステリーの色が濃くなっていく。果たして“黒手匣”とはなんなのか?盗んだ犯人の目的は? イカルの周りの個性豊かすぎる人々との関わりがぽんぽんとテンポ良くて読んでいて面白かったです。 謎のままな幼い日の不思議な出来事の意味と、そこで、不思議な描かれ方をしている、一流の目利きな町田とは一体どんな人物なのか、今後の展開がとても楽しみな作品でした‼️

このレビューは参考になりましたか?

健気でたくましくて賢いイカル。古道具の目利きも確かで、これからもトノサマやアキラとともに不思議や怪異を解決するために奔走するのでしょうね。イカルが引き取られた家の人たちも、独特だけど良い人たちで、なんとなく赤毛のアンのマシューとマリラみたいだと勝手に思ってしまいました。アキラとの関係性も少しずつ変化があるだろうし、続きが楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?