アーティストシンキング

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2021/10/01 | 掲載終了日 2021/11/17

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#アーティストシンキング #NetGalleyJP


内容紹介

○世界16カ国でチェロ演奏者として活躍

○オーストラリアの元エリート弁護士から転じる

○マサチューセッツ工科大学プレスに「遺伝子音楽」に関する論文が掲載

○チャイコフスキー国立モスクワ音楽院招聘研究員

○アーティストシンキング=クリエイティビティ×交渉力×行動力(突破力)

○日本語検定1級を取得、日本ウォチャー歴25年


アーティストとして40年のキャリアを誇るオーストラリア出身の日本人クオーター(被爆3世)が伝える「世界標準のアート」

アーティストと呼ばれる人はどんな人でしょうか。

何か特別な才能があるので、活躍しているのではないかと想像するかもしれません。

でもそれは、稀なケースです。

大半のアーティストは、天賦の才の有無よりも、普段から感性を研ぎ澄ましていい活動をするために日々努力を積み重ねている人たちです。

この本では、アーティストは一体何を考えて生活しているのか、どうすればアーティスト的な視点で物事を捉えて新しいチャレンジを行うことができるかなどについて、私自身がこれまでアーティストとして活動をしてきた経緯を踏まえてご説明いたします。

現在、日本は失われた三〇年と言われるほど、政治も経済もずっと停滞した状態が続いています。でも、こんな高いポテンシャルを持つ国が元気を失っているのはもったいない。

特にZ世代と呼ばれる若い人たちが、この本を通して、アーティストの考え方の本質を理解してくれることで、新しい価値とエネルギーが生まれるのではないかと期待しています。

また最近はSDGs(持続可能な開発目標)という言葉を目にしない日はないほどで、私たちはこれまでの大量消費型社会からの転換を求められています。

そのためには、物質的な豊かさから精神的な豊かさへのシフトチェンジが必要です。私は、アーティストが社会的な評価を高めてどんどん活躍していくことで、社会が変わり、人々に癒やしやエネルギーを与えるアートや音楽などのソフト産業が重要な位置を占めるのではないかと考えています。

社会をシフトさせるために必要なのが、本書でお話しするアーティストシンキングなのです。(本文の「はじめに」より要約抜粋)

(本文の構成)

はじめに

序論 アーティストとして生きるということ

第1章 世界の潮流に乗る文脈を創り出す

第2章 アートから学んだイノベーションの起こし方

第3章 日本人に求められる「限界突破力」

第4章 世界最強になるために自分のルーツを探れ!

おわりに

○世界16カ国でチェロ演奏者として活躍

○オーストラリアの元エリート弁護士から転じる

○マサチューセッツ工科大学プレスに「遺伝子音楽」に関する論文が掲載

○チャイコフスキー国立モスクワ音楽院招聘研究員

○アーティストシンキング=クリエイティビティ×交渉力×行動力(突破力)

○日本語検定1級を取得、日本ウォチャー歴25年


アーティストとして40年のキャリアを誇るオーストラリア出身の日本人クオータ...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784833424318
本体価格 ¥1,700 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)