鬼哭洞事件

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/10/29 | 掲載終了日 2021/10/27

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#鬼哭洞事件 #NetGalleyJP


内容紹介

二十七年に失踪した母と妹を捜す男は、翌日死体となって発見された。その出身地を訪れた探偵・野上と助手の俊介は新たな事件に遭遇する。少年探偵・狩野俊介、待望の帰還!

二十七年に失踪した母と妹を捜す男は、翌日死体となって発見された。その出身地を訪れた探偵・野上と助手の俊介は新たな事件に遭遇する。少年探偵・狩野俊介、待望の帰還!


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784488028527
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

小学生だった俊介が、中学生に!野上英太郎の下で、いろんなことを吸収し成長している姿が良かった。ジャンヌも、俊介と一体だなと感じました。どろどろとした人間関係の中でも、怯まずに事件と対峙する俊介の、これからも見てみたいです。烏丸孔明が、これからどう関わってくるのか気になります。おかえりなさい!狩野俊介!

このレビューは参考になりましたか?

狩野探偵久しぶりの新作。今回の烏丸は狂言まわしの役どころで、狩野少年のメンター。因習を下敷きにした事件はオーソドックスだが破綻していないのはお見事。さすがは大ベテラン、シンプルながらも高いレベルの安定感でした

このレビューは参考になりましたか?

私が〘狩野俊介シリーズ〙に出会ったのは中学一年生の時。図書館で『狩野俊介の肖像』の表紙とあらすじに惹かれ手に取りました。そこからすぐさま『月光亭事件』から最新刊まで集め全作読破し、他の太田忠司作品にもハマり、いまに至ります。 しかし当時は俊介くんの同年代だったのに、今や高森警部の同年代とは! さて鬼哭洞事件、新たな癖ある“探偵”との出会いもあり、俊介くんの心が酷く揺さぶられることになります。尊敬してやまない野上さんや石神先生と己は“違う”人間だと分かっている彼ならではの“壁”かもしれません。 そんな悩み苦しみ傷つくけれど、考え続ける俊介くんを応援したい。野上さん達視点でそう思ってしまいますね。 ところでこの癖ある探偵さん、第一印象は青年探偵・狩野俊介を思いおこさせました。根っこは違うと感じましたが。今後も出てきそうですね。 石神さん――の語り口で始まるこのシリーズを再び読めて本当に嬉しかったです。

このレビューは参考になりましたか?

今まで読んできたミステリーに登場する探偵は、様々な危機に巻き込まれながらも自分の推理をもって犯人に立ち向かっていく人物が多かった。この作品に登場する恭介は、探偵の見習いでありながら優れた洞察力をもっている。推理をしていきながらも人間の悪に直面し悩むという未熟さが表現されており、新鮮な探偵小説だと感じた。

このレビューは参考になりましたか?