人形姫

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/12/08 | 掲載終了日 2021/12/06

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#人魚姫 #NetGalleyJP


内容紹介

人も町も伝統も、変化しながら生きていく。
今の時代の優しい近郊小説。――瀧井朝世(ライター)


未来を照らすのは受け継がれる心意気。
温もり溢れた人生賛歌の物語!――内田剛(ブックジャーナリスト)


後継者不足に悩む老舗人形店に、外国人の若い女性が弟子入り志願!?
お人好しな若社長は、仕事に恋に大奮闘!


亡き父のあとを受け、森岡恭平が社長を務める森岡人形は、低迷する売上、高齢化した職人の後継ぎ不在、果ては自身の婚活……と、問題が山積。そんなある日、職人たちが足繁く通うパブで働くクリシアというフィリピン人女性が、社屋を訪ねてきた。職人の一人が、酔った勢いで「俺の弟子にしてやる」と、彼女に約束したと言うのだが……。

人も町も伝統も、変化しながら生きていく。
今の時代の優しい近郊小説。――瀧井朝世(ライター)


未来を照らすのは受け継がれる心意気。
温もり溢れた人生賛歌の物語!――内田剛(ブックジャーナリスト)


後継者不足に悩む老舗人形店に、外国人の若い女性が弟子入り志願!?
お人好しな若社長は、仕事に恋に大奮闘!


亡き父のあとを受け、森岡恭平が社長を務める森岡人形は、低迷する売上、高齢化した職人の後継ぎ不在、果ては自身の婚...


おすすめコメント

傾きかけた老舗人形店に、フィリピン人の若い女性が弟子入り志願!?
お人好しな若社長が仕事に、そして恋に奮闘する心温まる物語。

傾きかけた老舗人形店に、フィリピン人の若い女性が弟子入り志願!?
お人好しな若社長が仕事に、そして恋に奮闘する心温まる物語。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784569850900
本体価格 ¥1,600 (JPY)

関連リンク

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

これまで、あまり気にしたことなく人形。 一体の人形ができるまでに、こんなにも多く人が関わっていたなんて知らなかったです。百八十年続く人形店の八代目森岡恭平。恭平の周りの人達が、皆それぞれ生き生きとしていて良かったです。その中でも宮沢さんの姿に、胸が熱くなります。物語の起爆剤になっているクリシアも好きです。それぞれの、未来を思わせるラストが良かった。こころ温まりました。ありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?

老舗人形店を舞台とした穏やかでとても優しいお話です。 雛人形を作る過程で、部位ごとに職人がいて、製作過程を知れるお仕事本でもあると思います。 主人公、老舗人形店 森岡人形の社長、森岡恭平。恭平の天然で優しいところに人々が集まり、後継者問題や、恋に奮闘するところも、自然と応援したくなります。 高校時代にボート部に所属していたが、コーチとしての場面も多くどう繋がるのかなと思いながら読み進めると、なるほど!と思える繋がりがありました。職人がお子さんに送った人形のエピソードとても素敵でした。 春になるたびに家庭や観光地などあちこちで飾られる雛人形。 それを見る前にまたこの本を読みたいなと思います。愛情を込めて贈られ伝え続けられる雛人形が飾られる季節が楽しみになりました

このレビューは参考になりましたか?

社会に解決しないといけない問題がありすぎて、リアルに書き出すと自然にこうなってしまうのかもしれませんが、いろいろな要素が無理なく盛り込まれていて、読みやすく、分かりやすい物語でした。恭平が、一見素直でお人好しな感じですが、肝心なところでは芯があって頼もしく、好感が持てます。 この町を訪ねて、恭平や町のみんなにも会ってみたい気持ちになりました。

このレビューは参考になりましたか?

雛人形の名産地を舞台に、八代目若社長が、職人の高齢化や、少子化による市場の縮小に悩みながらも、仕事に、出身高校のボート部の育成に力を注ぐ爽やかな作品。伝統と慣習に新風を吹き込む女性達の存在も頼もしい。地元密着の人間模様描写は、面倒ながらも温かさが伝わってきて良い。

このレビューは参考になりましたか?

日本の誇る伝統工芸。その一つ、お雛様は形は変わっても今でも女の子の健やかな成長を願って飾られる。昔ほど大仰なものではないことを寂しがる人もいるだろうが、込められた願いは等しく、そして匠の技も損なわれることはないと思う。しかしこれを継ぐ人が少なくなり、後継者不足、また受注の少なさから経営を手放すこともあると思うと非常に残念。

このレビューは参考になりましたか?

後継者問題を始め、40歳を目の前にした結婚問題、母校のボート部コーチなど、大忙しの老舗雛人形店八代目。頼まれたことが断れないお人好しだが、大事な所ではしっかりと締め、周りからの信頼も厚い。一緒に働く職人たちは癖が強いが憎めず、大家族のような雰囲気で心が和む。雛人形の作り手の世界をのぞけるだけでなく、地域の人を含め様々な人間模様が描かれているので、クスっとしたり、ほろりとしたりもできる。小さな頃に家に飾られていた雛人形に思いをはせながら、穏やかな読書を楽しむことができた。

このレビューは参考になりましたか?