ただし、無音に限り

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/12/20 | 掲載終了日 2021/12/17

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ただし無音に限り #NetGalleyJP


内容紹介

推理小説の名探偵に憧れて開設した〈天野春近探偵事務所〉。主な依頼は浮気調査と理想通りとはいかないが、ときに知人の弁護士からまさに探偵らしい依頼が舞い込むこともある。しかし、それは春近の特異な体質を当てにしてのものだった。持病が原因で亡くなった資産家の死の調査、二年前に借金を残して行方をくらましていた失踪人の捜索――”霊の記憶が視える”探偵、天野春近が挑む二つの難事件を描いた、霊能力×ミステリ!

推理小説の名探偵に憧れて開設した〈天野春近探偵事務所〉。主な依頼は浮気調査と理想通りとはいかないが、ときに知人の弁護士からまさに探偵らしい依頼が舞い込むこともある。しかし、それは春近の特異な体質を当てにしてのものだった。持病が原因で亡くなった資産家の死の調査、二年前に借金を残して行方をくらましていた失踪人の捜索――”霊の記憶が視える”探偵、天野春近が挑む二つの難事件を描いた、霊能力×ミステリ!


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784488412210
本体価格 ¥740 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

霊の記憶が視える探偵天野春近は、なんだか頼りなくて、依頼先で出会った楓はしっかりしすぎの中学生。 中学生に頼りすぎかもと思うのに2人のバディのような関係が楽しかったです。タイトルに惹かれて読んでみましたが、次回作あるのかな?もっと探偵の活躍を読んでみたいです。

このレビューは参考になりましたか?

大変楽しく拝読しました。 織守先生の作品は、記憶屋シリーズしか読んだことがありませんでしたが、こちらの作品も是非シリーズ化してほしいと思いました。 これから事務所を楓くんが手伝うのかなとか、2話目の事件はこの後どうなるのかなとか、朽木さんのスピンオフは?とこの世界が広がっていって欲しいです。 ただ、ひとつ気になったのは、主人公が楓くんを突然「おまえ」呼びするのは年下だから?と少し引っ掛かりを感じました。 織守先生の描く不思議な世界は不自由なことや怖いこと、悲しいことがあっても、どこか優しい空気が流れていて人間味が感じられます。 思い込みの強い探偵が反省しながら改められないのも、あまり見たことのないキャラクターのような気がします。

このレビューは参考になりましたか?

霊能力を持った主人公が、自身が営む探偵業の中で様々な依頼を受け解決していく。霊能力、探偵、だなんてかっこいいキャラクターをイメージしてしまうが、実際の主人公はその特殊能力も、探偵力も少し残念な青年。でもそのおかげで怖さも軽減されているため、読んでいる側はリラックスして読める。一話目の優しく切ない展開の後、二話目でまんまと騙されたが、最終的には、やっぱり優しく切ない。織守さんは、「優しく切ない」の名手だ。それから、一話目の依頼で出会った中学生の楓が、間違いなく主人公よりかっこいい。もっと春近と楓のタッグが見てみたい。

このレビューは参考になりましたか?