マザー・マーダー

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/12/22 | 掲載終了日 2021/12/22

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#マザーマーダー #NetGalleyJP


内容紹介

夫の給料減額により、かつての同僚が運営するネットショップを手伝い始めた瑞希。ある日、謂われのないミスを押しつけられ、損害賠償を払えと言われる。マイホームと可愛い娘を守るため、瑞希がとった驚きの行動とは――(「永い祈り」)
離婚後、ひとりで暮らしていた私に、婚約したばかりの娘から連絡がきた。亡くなった元夫に、隠し子がいたと言うのだ。隠し子を名乗る青年は、夫の遺産をもらう権利があると主張し……。(「忘れられた果実」)

母が殺すのか、母が殺されるのか――愛情と殺意は表裏一体。企みと驚きに満ちた連作短編集。

夫の給料減額により、かつての同僚が運営するネットショップを手伝い始めた瑞希。ある日、謂われのないミスを押しつけられ、損害賠償を払えと言われる。マイホームと可愛い娘を守るため、瑞希がとった驚きの行動とは――(「永い祈り」)
離婚後、ひとりで暮らしていた私に、婚約したばかりの娘から連絡がきた。亡くなった元夫に、隠し子がいたと言うのだ。隠し子を名乗る青年は、夫の遺産をもらう権利があると主張し……。(「忘れ...


出版社からの備考・コメント

矢樹純(やぎ じゅん):
1976(昭和51)年、青森県生まれ。実妹とコンビを組み、2002年、「ビッグコミックスピリッツ増刊号」にて漫画原作者デビュー。『あいの結婚相談所』『バカレイドッグス』などの原作を担う。2012年、「このミステリーがすごい!」大賞に応募した『Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件』で小説家としてデビュー。2019年に上梓した短編集『夫の骨』が注目を集め、2020年に表題作で日本推理作家協会賞短編部門を受賞する。

矢樹純(やぎ じゅん):
1976(昭和51)年、青森県生まれ。実妹とコンビを組み、2002年、「ビッグコミックスピリッツ増刊号」にて漫画原作者デビュー。『あいの結婚相談所』『バカレイドッグス』などの原作を担う。2012年、「このミステリーがすごい!」大賞に応募した『Sのための覚え書き かごめ荘連続殺人事件』で小説家としてデビュー。2019年に上梓した短編集『夫の骨』が注目を集め、2020年に表...


おすすめコメント

推協賞受賞の『夫の骨』で今、最も注目されている作家の、初の四六判単行本。本格のロジックと、湿度の高いイヤミスの雰囲気が魅力です!

推協賞受賞の『夫の骨』で今、最も注目されている作家の、初の四六判単行本。本格のロジックと、湿度の高いイヤミスの雰囲気が魅力です!


販促プラン

書店の皆様へ

★11月30日まで★

初回指定承ります。

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)

書店の皆様へ

★11月30日まで★

初回指定承ります。

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784334914363
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

5つの物語がお互いに関係し合っている連作短編集で、それぞれの短編もサプライズが大きく驚かせるが、全体を貫く謎と解決には驚愕。 ただ、一読しただけでは完全に理解できないので、読み返してさらに面白さ、素晴らしさがわかる作品だと思う。 とりあえず、まずは読み返します。

このレビューは参考になりましたか?

最後の一行まで目が離せず一気読みしてしまった。ひたすら人間が怖い。自分も同じ人間だからますます怖い。一歩間違ったら私もこんなことをしでかしてしまうのだろうか 根本にあるのは愛だと思うんだけど、歪むとここまでいくとは愛とは恐ろしい

このレビューは参考になりましたか?