下北沢であの日の君と待ち合わせ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/12/22 | 掲載終了日 2021/12/22

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#下北沢であの日の君と待ち合わせ #NetGalleyJP


内容紹介

ごめんね、って言えばよかった。言えなかった。

 北海道から上京した19歳のころバイトをしていたパン屋・アンゼリカが閉店すると聞き、30年ぶりに下北沢を訪れた理夏。当時、バイト仲間で古いアパート「コーポ服部」で一緒に暮らしていた秋子から連絡があったのだ。
「コーポ服部」にはちはるという元住人が出入りしていて、3人は楽しく濃い時間をともに過ごしたのだが、秋子に恋人ができ、すれ違いが生まれ、ある出来事がきっかけでちはると絶交、三人はバラバラになってしまい・・・・・・
 30年の時間を経て、もう取り戻せないあの頃の苦く、切ない思い出とどう折り合いをつけて生きていくのか。
 変わりゆく下北沢の町を舞台に、過ぎ去ったはずの傷を抱えて今を生きていく”おとな”たちの“あの頃”と“今”の想いをリアルに描く、ノスタルジック青春小説。

ごめんね、って言えばよかった。言えなかった。

 北海道から上京した19歳のころバイトをしていたパン屋・アンゼリカが閉店すると聞き、30年ぶりに下北沢を訪れた理夏。当時、バイト仲間で古いアパート「コーポ服部」で一緒に暮らしていた秋子から連絡があったのだ。
「コーポ服部」にはちはるという元住人が出入りしていて、3人は楽しく濃い時間をともに過ごしたのだが、秋子に恋人ができ、すれ違いが生まれ、ある出来事がきっ...


出版社からの備考・コメント

神田茜(かんだ あかね): 北海道生まれ。講談師、作家。2011年『女子芸人』で第6回新潮エンターテインメント大賞を受賞。著書に『ぼくの守る星』『七色結び』『母のあしおと』『シャドウ』などがある。

神田茜(かんだ あかね): 北海道生まれ。講談師、作家。2011年『女子芸人』で第6回新潮エンターテインメント大賞を受賞。著書に『ぼくの守る星』『七色結び』『母のあしおと』『シャドウ』などがある。


おすすめコメント

下北沢に実在した人気パン屋「アンゼリカ」を舞台に、下北沢に30年在住の著者が描く過去と今。80年代の下北沢の空気感を愛する大人の読者へ向けたノスタルジックな意欲作。

下北沢に実在した人気パン屋「アンゼリカ」を舞台に、下北沢に30年在住の著者が描く過去と今。80年代の下北沢の空気感を愛する大人の読者へ向けたノスタルジックな意欲作。


販促プラン

書店の皆様へ

★11月30日まで★

初回指定承ります。

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)

書店の皆様へ

★11月30日まで★

初回指定承ります。

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784334914394
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

私より年代が上の代の話だが、日本人が元気だったあの時代の匂いが、三人のわちゃわちゃを通してビンビンと伝わってきた。今はもうどこの街も量販店だらけになってしまったが、日本中どこでも味と気骨がある店主が守り抜いていた店が至る所にあった。ネットも100均もないけど、間違いなく今より誰もが元気だったあの頃の日本に戻れたら、、と思わせるハートウォーミングで少し切ないいい物語だった。

このレビューは参考になりましたか?

ニューミュージックの女王には遠く及ばないけど、あの時代アンゼリカの前の通りで私は彼女たちとすれ違ったと思う。「忠実屋」を目にした時は懐かしさで倒れそうだった。お金がなくても夢をみられた場所。夢を叶えた個性的なお店と、いつか叶えたい夢に触れる町。ちはるの言葉で気づいた。 前の日まであったお店が忘れられていく、通りの景色が急激に変化している下北沢の、町の記憶を呼び覚ます。私も最後のカレーパン食べておけばよかったな。 下北沢。大音量のバンドの音が漏れ聞こえ、居酒屋で劇団員たちが演劇論を語り、役者が喫茶店でセリフではない自分の言葉を話し、ミュージシャンの卵が駅前で弾き語りをする。 夕方6時に待ち合わせでごった返すマック前、開演前の高揚感と芝居がはねた後の解放感、違う自分を見せてくれる美容院、迷宮へと誘なうビレヴァン、でも午前中はお母さんたちが買い物する町。 少々語りすぎました。

このレビューは参考になりましたか?