水底図書館

ダ・ヴィンチの手稿

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2022/01/04 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#水底図書館 #NetGalleyJP


内容紹介

人が絶えず行き交う東京駅。

知る人ぞ知る『入口』から地下に下りた先には、巨大なプールを思わせる水槽があり、そのさらに下に『水底図書館』はある。

戦前に造られた、本邦を含めた世界中の稀覯本を収集していた図書館。戦後は没収を恐れ、長く秘されていた。現在も存在を知る人は限られており、世界中の希少な稀覯本の取引の場にもなっている。

図書館としての役割以外に定期開催されるオークションがあり、世界中から腕利きのディーラーが集う。

水底図書館のオークションで競り落とすには、金だけではなく「持ち主にふさわしい」と館長の五色に認められる必要がある。そのため、あらゆる駆け引きも熾烈(五色への追従・懐柔、脅迫、ディーラー同士の騙し合い、足の引っ張り合い)。

灘未森は水底図書館の司書の一族として、そうした権謀や外敵から本を守り続けている。

稀覯本を狙う謎の組織「笑う猫」の魔の手を祓い、美男だがうさんくさい古書ハンター・秋に振り回されながら、今日も本のために駆け回る。

そんなある日。水底図書館の館長・五色が何者かに襲撃された――

人が絶えず行き交う東京駅。

知る人ぞ知る『入口』から地下に下りた先には、巨大なプールを思わせる水槽があり、そのさらに下に『水底図書館』はある。

戦前に造られた、本邦を含めた世界中の稀覯本を収集していた図書館。戦後は没収を恐れ、長く秘されていた。現在も存在を知る人は限られており、世界中の希少な稀覯本の取引の場にもなっている。

図書館としての役割以外に定期開催されるオークションがあり、世界中から...


おすすめコメント

東京駅地下にある、「幻」の図書館――

この設定だけでワクワクしませんか? 

謎めく図書館をめぐって、アクションとドラマが交錯する、最高に面白いエンタメ小説が誕生です。

「本」を愛するすべての人に読んで欲しい一冊。ぜひおすすめです!

東京駅地下にある、「幻」の図書館――

この設定だけでワクワクしませんか? 

謎めく図書館をめぐって、アクションとドラマが交錯する、最高に面白いエンタメ小説が誕生です。

「本」を愛するすべての人に読んで欲しい一冊。ぜひおすすめです!


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784591172230
本体価格 ¥740 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)