BAD BLOOD シリコンバレー最大の捏造スキャンダル 全真相

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/02/26 | 掲載終了日 2022/02/15

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#BADBLOODシリコンバレー最大の捏造スキャンダル全真相 #NetGalleyJP


内容紹介

【ビジネス書グランプリ2022ノミネート作品】 

2022/1/4、エリザベス・ホームズ被告に有罪評決。最高で禁固80年も。


「エンロン」以降、最大の企業不正が行われた血液検査ベンチャー「セラノス」事件。
ジョージ・シュルツ、ヘンリー・キッシンジャーなど百戦錬磨の大物たちは
なぜ若きCEO、エリザベス・ホームズに騙されたのか!?

「ショッキングな結末を迎えるサスペンス。ページをめくる手がとまらない。
―セラノス事件の内幕は、信じられないほど、ひどい」ビル・ゲイツ

「指先からとる1滴の血液で、あらゆる病気を調べることができる!」革新的な血液検査の技術を発明したとして、アメリカのメディアから『第二のスティーブ・ジョブス』ともてはやされたエリザベス・ホームズ。だが、彼女が率いたバイオベンチャー「セラノス」の内幕は、過剰な野心、傲慢さ、虚言、パワハラが渦巻いていた。
現代社会の様々な側面が凝縮したシリコンバレー発巨大詐欺事件の全容を、敏腕記者が地道な取材で証言を積み重ねながら、暴いていく。

【ビジネス書グランプリ2022ノミネート作品】 

2022/1/4、エリザベス・ホームズ被告に有罪評決。最高で禁固80年も。


「エンロン」以降、最大の企業不正が行われた血液検査ベンチャー「セラノス」事件。
ジョージ・シュルツ、ヘンリー・キッシンジャーなど百戦錬磨の大物たちは
なぜ若きCEO、エリザベス・ホームズに騙されたのか!?

「ショッキングな結末を迎えるサスペンス。ページをめくる手がとまらない。
―セラノ...


出版社からの備考・コメント

【読者が選ぶビジネス書グランプリ2022】

投票期間:2021年12月13日(月)〜2022年1月10日(月)

下記リンクより投票画面にアクセスいただけます。
【読者が選ぶビジネス書グランプリ2022】

投票期間:2021年12月13日(月)〜2022年1月10日(月)

下記リンクより投票画面にアクセスいただけます。

おすすめコメント

あっけにとられるような事実の連続で、読みだしたら止まらない、第一級のドキュメンタリー! 元CEOエリザベス・ホームズの裁判がまさに現在進行中ですが、2015年、著者が事件の全貌を記事にしたことが、ユニコーンスタートアップ・セラノス崩壊のきっかけとなりました。

あっけにとられるような事実の連続で、読みだしたら止まらない、第一級のドキュメンタリー! 元CEOエリザベス・ホームズの裁判がまさに現在進行中ですが、2015年、著者が事件の全貌を記事にしたことが、ユニコーンスタートアップ・セラノス崩壊のきっかけとなりました。


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784087861266
本体価格 ¥1,900 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)