ウォールストリート流 自分を最大限「運用」する方法

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/04/07 | 掲載終了日 2022/02/14

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#ウォールストリート流自分を最大限運用する方法 #NetGalleyJP


内容紹介

【ビジネス書グランプリ2022ノミネート作品】 

著者はコーネル大卒、NYウォール街出身の起業家・投資家で、チャンネル登録者数70万人超の人気経済系YouTuber。

特別な能力も条件もなかった著者が夢のために追究してきた、社会という‟市場“で自分の価値を高める方法が満載。


【ビジネス書グランプリ2022ノミネート作品】 

著者はコーネル大卒、NYウォール街出身の起業家・投資家で、チャンネル登録者数70万人超の人気経済系YouTuber。

特別な能力も条件もなかった著者が夢のために追究してきた、社会という‟市場“で自分の価値を高める方法が満載。



出版社からの備考・コメント

【読者が選ぶビジネス書グランプリ2022】

投票期間:2021年12月13日(月)〜2022年1月10日(月)

下記リンクより投票画面にアクセスいただけます。
【読者が選ぶビジネス書グランプリ2022】

投票期間:2021年12月13日(月)〜2022年1月10日(月)

下記リンクより投票画面にアクセスいただけます。

おすすめコメント

チャンネル登録者数70万人超の人気経済系YouTuberが、

自身のキャリアからメンタル、英語、体調管理に至るまで最強の自己投資術を伝授します!

チャンネル登録者数70万人超の人気経済系YouTuberが、

自身のキャリアからメンタル、英語、体調管理に至るまで最強の自己投資術を伝授します!


販促プラン

「ビジネス書グランプリ2022」ビジネス実務部門にエントリー!

https://business-book.jp/entry/list

「ビジネス書グランプリ2022」ビジネス実務部門にエントリー!

https://business-book.jp/entry/list


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784023319233
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

株式投資について金言の数々、これは買ってもいい本というか買うべき本です。株をやっていない人でも、役にたちます。例えば、欧米に比べて日本の景気がコロナ後に悪い。GDPとか、そういうことの格差です。アメリカでは、コロナでバッサリ人を切り、その代わりに政府が補助金出したり転職支援しました。日本は雇用維持をし、無理からクビを少なくし経営を悪化。企業に支援金を出すという形。こういう過保護が欧米に比べて日本の景気の後退を加速させたということですね。日本人らしい優しさがネックになったという指摘はなるほどです。

このレビューは参考になりましたか?

■ 読者層 ビジネスマンとして働いている方々。 今コロナ禍の中で、新しく何かを始めたい方にフィットすると思います。 ■ 内容 単なる投資だけについて書かれチルノではなく、著者本人のこれまで生き方を通して、さまざまな観点からかkれ亭ます。 読者によっては、この章だけで1冊の本にした方が良いのでは、と思われる方もいるのでは無いでしょうか。 まずは、人と同じことを行っていてはダメと言っています。 □ 他人の土俵で相撲を取らなかった □ 自分が持っている他の人との違いを出せそうな特性は小さなことでも把握しておいて、さまざまなな面で出し惜しみせずに有効に使っていきます。 「逆張り」が必要と言っています。 また、こんなことも言っています。 □ 競争率が低いところを見つける このようなことを可能にするため、 □ 経済、金融、マーケットは見出しだけでも読む と解いています。本書の中では、英字新聞のとの前振りが付きますが。 また、「時間編」では □ 同じネット上でお金や時間をつかうのであれば、ニュースを読む、自己投資のための情報を取得するといったことに使う方が、もたらせる価値は大きいでしょう □ まずは、余暇の半分の時間を新しいことに費やすこと □ さまざまな人の話を聞くと、自分が保有しているデータが多様化し、強くなります。それが人生の成功率を上げてくれるのです。 □ 仕事を週末のプライベートな時間に持ち込んでいないということ 何はともあれ、自分自身に役立つ、もしくは今後役立つだろうことをに時間を遣おう になります。 まずは、余暇時間の半分を見直そう。と書かれています。 ■ 著者について 髙橋ダンさんは1985年、東京生まれです。10歳からはアメリカにわたっています。 家族の勧めで投資を開始し、現在に至ります。 ここまで行きつくのには、簡単な道のりではなかったと思いますが、 先に記載s多考えや、信条に基づき現在の地位に上り詰めています。 冒頭にも書きましたが、 なにかしてみよう、投資に興味がある との思いをこの新年に思った方に、お薦めです。

このレビューは参考になりましたか?