シリアからきたバレリーナ

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2022/01/24 | 掲載終了日 2022/01/24

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#シリアからきたバレリーナ #NetGalleyJP


内容紹介

シリア内戦により国を脱出し、難民キャンプを経てイギリスに辿り着いたアーヤと家族の物語。〈カーネギー賞〉ノミネート作品。


シリア人の少女アーヤは、イギリスで難民認定を待っているところだ。

内戦で住めなくなったシリアを脱出し、ようやくマンチェスターに辿り着いた。途中、小さなボートで海を渡る際に父と離れ離れになり、気力を失った母を支えながら赤ちゃんの弟をつれて、毎日、難民支援センターに通っている。

ある日、同じ建物にバレエ教室があることに気づく。シリアでバレエを習っていたアーヤは、そこで明るい少女ドッティや先生ミス・ヘレナに出会い、踊ることで息を吹き返していく。

シリア内戦により国を脱出し、難民キャンプを経てイギリスに辿り着いたアーヤと家族の物語。〈カーネギー賞〉ノミネート作品。


シリア人の少女アーヤは、イギリスで難民認定を待っているところだ。

内戦で住めなくなったシリアを脱出し、ようやくマンチェスターに辿り着いた。途中、小さなボートで海を渡る際に父と離れ離れになり、気力を失った母を支えながら赤ちゃんの弟をつれて、毎日、難民支援センターに通っている。

あ...


出版社からの備考・コメント

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。


販促プラン

【著者紹介】

作 キャサリン・ブルートン

オックスフォード大学英文科卒業。中学校の英語教師として働きながら、児童文学作家として活躍。アフリカや中東などからの難民の子どもたちを教えた経験を持つ。本書はイギリスの児童文学賞〈カーネギー賞〉にノミネートされた。そのほかの作品に『We Can Be Heroes』『Another Twist in the Tale』などがある。英国バース在住。


訳 尾﨑愛子(おざきあいこ)

東京大学教養学部卒業後、児童書出版社の編集者を経て、東京大学大学院総合文化研究科にて学術修士号取得。大学院在学時より児童文学の翻訳家として活動開始。訳書に『クレイジー・レディー!』(福音館書店)、『オンボロやしきの人形たち』(徳間書店)などがある。東京在住。


絵 平澤朋子(ひらさわともこ)

武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、児童書の挿絵や絵本の分野で活躍中。挿絵に『わたしのしゅうぜん横町』『青の読み手』『しずかな魔女』「名探偵カッレ」シリーズなど、絵本に『巨人の花よめ』など、作品多数。

【著者紹介】

作 キャサリン・ブルートン

オックスフォード大学英文科卒業。中学校の英語教師として働きながら、児童文学作家として活躍。アフリカや中東などからの難民の子どもたちを教えた経験を持つ。本書はイギリスの児童文学賞〈カーネギー賞〉にノミネートされた。そのほかの作品に『We Can Be Heroes』『Another Twist in the Tale』などがある。英国バース在住。


訳 ...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784037269609
本体価格 ¥1,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

シリアから逃れてきたバレリーナの卵の女の子とその家族の物語。いろいろな場所を経由しながら、なんとかイギリスにたどり着いた女の子は、まだ難民申請を受理されていない不安定な状態で日々を過ごしている。一括りに『難民』と呼ぶ人たちのことを、何にも知らなかった自分に驚く。作中で、女の子と関わることになるバレエの先生が言う。「いつの時代にも戦争はあったし、難民はいたのよね。」 そしてまた、こうも言う。「他人の親切にずいぶんたよったわ。」 戦争、難民、そんな大きな問題が、親切で全部解決されるとは思わない。でも、親切で助けられるものもあるというのは、実はとても大切なことなのではないだろうか。読めてよかった。ありがとうございます。

このレビューは参考になりましたか?

内戦のシリアを逃れ、イギリスに到着した少女アーヤが、愛するバレエを通してさまざまな人と出会い、未来をきりひらいてゆく物語。 アーヤはシリアを家族で脱出したが、イギリスに向かう途中の海で父とはぐれてしまった。目指していたイギリスに着いても、心と体が不安定な母と小さな弟を守り、イギリスに滞在するための手続きをひたすら待つだけの不安な日々が続いている。そんなある日、難民支援センターの2階で開かれているバレエのレッスンに参加できるようになり、踊る喜びを再び見出す。新たな友人も得、明るい気分で笑うこともできるようになるアーヤだったが、ふとしたときに失ったものの記憶がよみがえり、アーヤを苦しめる……。家族を守ろうと一人で頑張っていたアーヤが周囲の思いやりに少しずつ緊張を解き、バレエのダンスに想いを込めてゆく。その過程が丁寧に描かれ、美しいダンスが目に浮かぶ物語でした。

このレビューは参考になりましたか?

お母さんと弟と一緒に内戦を逃れるため、シリアからイギリスにやってきたアーヤは、体調を崩してしまったお母さんに代わって幼い弟の面倒を見ながら、手続きのため難民支援センターに通っています。ある時、ピアノの音に誘われ、吸い寄せられるように難民支援センターと同じ建物にあるバレエ教室をのぞきに行き、同じ年頃の少女ドッティや、かつてホロコースト逃れてイギリスに来たバレエ教師と出会います。 イギリスでのこと、フラッシュバックのように蘇るシリアでのことが代わる代わる語られる形式で物語は進行していきます。辛い現実を生きていても、打ち込める何かが未来に目を向けさせてくれること、言葉や文化の壁があっても、芸術が人々の心を近づけてくれること、決して消えない悲しみの中にあっても、人の心のあたたかさが希望の光を灯してくれること、困難な状況でも、一人ひとりの善意が物事を良い方向に変えること、を静かに力強く伝えてくれる作品です。 物語と、巻末の日本の読者へのメッセージ、訳者あとがき、物語を理解するためのキーワードのすべてに、この本にたずさわった方々から私たち読者への誠意とあたたかさを感じます。 小学校高学年の子どもたちに、ぜひ手にとって欲しい作品です。

このレビューは参考になりましたか?

カーネギー賞候補、ということで読みました。 とてもいい! いろんな子供に幅広くお勧めしやすく、授業でも使えます。 バレエ、友情、生き甲斐、人生、自己、国際関係、異文化理解…様々なキーワードがあるので、どこを切り口にするか迷うのがうれしいですね。 日本の子にとっては解りづらい難民の話が理解しやすく、読者それぞれの読み方で共感することができるだろうと思われ、ポイントが高いです。

このレビューは参考になりましたか?

可愛らしい表紙とタイトルに興味を持ち、どんな本かと内容紹介を見ると、シリア内戦で平穏な暮らしも故郷も失ってイギリスへ来た少女の話とわかりました。 これまで難民のことは、ニュースなどで断片的には知っているけれど、その実態については全く知らなかった・・・。 主人公の夢にあふれるバレエ好きの少女アーヤに、思ってもみない災いが降りかかります。 天災では有りません。 人災、テロ、戦争、襲撃、避難、差別、無理解などなど。 シリアからやっとの思いでイギリスへたどり着いたけれど、父親はおらず、母親は心が傷つき体も壊れかかっています。気丈な少女アーヤは、母に寄り添い、幼い弟の面倒をみながら、難民支援センターで手続きのために頑張っていますが・・・。 身近にいるのは、同じ苦労をしている人たちで、年齢は様々だけど 皆 助け合い寄り添っています。    もし自分だったら ・・・ 想像もできません。 平和に暮らしていることに感謝! 最初は、難民ということで 言われもない差別的な目で見られていたアーヤ。 バレエの素晴らしい指導者ミス・ヘレナは、幼い頃に家族と離れ離れになった辛い出来事を乗り越えてきたユダヤ人。暖かく大きな心でアーヤを見守ります。 つらい思い出と将来の不安に怯えながらも、大好きなバレエに打ち込む姿が痛々しくも勇敢です。 多くの人の親切を受け入れて、住まいとバレエ学校、奨学金をえられたアーヤは、すごくラッキー! 文章は、イギリスの難民支援センターにいる現在と、過去の思い出が二層になって語られていて、そのまま映画になりそう。  バレエのシーンをみたいです。(*^_^*)♪ ★ 難民の人たちが少しでも安心できる環境で暮らせるようになることを願います。    2022/1/7にDLし読み始める。 1/20 読了

このレビューは参考になりましたか?