アリスが語らないことは

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2022/01/27 | 掲載終了日 2022/01/25

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#アリスが語らないことは #NetGalleyJP


内容紹介

大学生のハリーは、父親の事故死を知らされる。急ぎ実家に戻ると、傷心の美しい継母アリスが待っていた。刑事によれば、海辺の遊歩道から転落する前、父親は頭を殴られていたという。しかしアリスは事件について話したがらず、ハリーは疑いを抱く。──これは悲劇か、巧妙な殺人か? 過去と現在を行き来する物語は、ある場面で予想をはるかに超えた展開に! 圧巻のサスペンス。

大学生のハリーは、父親の事故死を知らされる。急ぎ実家に戻ると、傷心の美しい継母アリスが待っていた。刑事によれば、海辺の遊歩道から転落する前、父親は頭を殴られていたという。しかしアリスは事件について話したがらず、ハリーは疑いを抱く。──これは悲劇か、巧妙な殺人か? 過去と現在を行き来する物語は、ある場面で予想をはるかに超えた展開に! 圧巻のサスペンス。


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784488173074
本体価格 ¥1,100 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

アリスは出会う人が悪かったと思いました。世間体にはタブーとされている行動をとってしまったのも相手が悪かった、、、。15歳という重要な年齢に色んな出来事が起こりすぎたのも原因かなとも思いました。 若さは永遠に閉じ込める事は出来ないが、年齢を重ねていっても感じていたフレッシュな考え方を持つことは悪くないと私は思っています。しかし、今回の作品に出てくる人物は「若さ」に対する考え方が間違っているなぁと思いながら読んでいました。ラストのアリスの結末は予想してなかったからビックリです。

このレビューは参考になりましたか?

ハリーを取り巻く現在と、アリスを取り巻く過去が交互に重なって進められるストーリー。それぞれの時系列で出来事が起こっているはずなのに、読み進めていくうちに過去が現実に侵食してくるように感じた。様々な形の愛が出てくるが、綺麗で美しいだけではないのが愛なんだなと思い知らされた。

このレビューは参考になりましたか?

現在のハリーと、過去のアリスの視点で話が進む。魔性の女アリス、第2部では事態が急変。どんでん返しからのラストは因果応報とでもいうべきか。ミランダ、ケイト、アリス、果たして次は誰になるのか、続編が楽しみ

このレビューは参考になりましたか?

現在と過去の話が交互に語られる構成。 波が少しずつ砂浜を飲み込んでいくように、少しずつ過去が現在を侵食していくような物語でした。 少しずつ謎が明らかになっていく中盤からものすごい勢いで事態が転がっていき、「ここからどうなるの!?」と思いながら急かされるようにページをめくり続けました。そして衝撃の結末。「海」が物語のキーワードとして、とても効果的に生かされている点も印象に残りました。

このレビューは参考になりましたか?