あれは子どものための歌

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2022/01/27 | 掲載終了日 2022/01/25

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#あれは子どものための歌 #NetGalleyJP


内容紹介

八年ぶりに因縁のある旅人と再会した料理人の話、飢饉に苦しむ国を救った商人の話、不思議なナイフで自らの〝影〞を切り離した男の話。一見関係が無さそうな三つのエピソードが並行して語られ、終盤でひとつになるとき、驚愕の真相が浮かび上がる! 大胆な仕掛けと巧みに張り巡らされた伏線で、本格ミステリの謎解きを紡いだ、第七回ミステリーズ!新人賞佳作「商人(あきんど)の空誓文(からせいもん)」。

どんな賭けにも負けない力を得た少女、あらゆる傷を跡形なく消し去る名医……。この世の理に背く力に人生を狂わされる者たちの五つの物語と、その背後で進行する、国の存亡に関わる陰謀。架空の異国を舞台に、本格ミステリの興趣を巧みに織り込んだ、異色のミステリ連作集。


●桜庭一樹氏(選評より)──「読後は、世界と人間に対してのちいさな発見を得た。これこそ、物語を読む醍醐味だ」

八年ぶりに因縁のある旅人と再会した料理人の話、飢饉に苦しむ国を救った商人の話、不思議なナイフで自らの〝影〞を切り離した男の話。一見関係が無さそうな三つのエピソードが並行して語られ、終盤でひとつになるとき、驚愕の真相が浮かび上がる! 大胆な仕掛けと巧みに張り巡らされた伏線で、本格ミステリの謎解きを紡いだ、第七回ミステリーズ!新人賞佳作「商人(あきんど)の空誓文(からせいもん)」。

どんな賭けにも負...


おすすめコメント

2010年度の第7回ミステリーズ!新人賞は、美輪和音「強欲な羊」が受賞作、『盤上の夜』の宮内悠介や『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』の笛吹太郎の作品が最終候補に残るという激戦の年。その際、明神しじまは本書に収録された「商人の空誓文」が評価され、深緑野分「オーブランの少女」と同時佳作入選となりました。その期待の著者が12年を費やし、腕に縒りをかけて紡ぎ出した、異色の連作ミステリがいよいよ登場。新世代の語り部が紡ぐ、謎と面白さに満ちた極上の物語をお届けします!

2010年度の第7回ミステリーズ!新人賞は、美輪和音「強欲な羊」が受賞作、『盤上の夜』の宮内悠介や『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』の笛吹太郎の作品が最終候補に残るという激戦の年。その際、明神しじまは本書に収録された「商人の空誓文」が評価され、深緑野分「オーブランの少女」と同時佳作入選となりました。その期待の著者が12年を費やし、腕に縒りをかけて紡ぎ出した、異色の連作ミステリがいよいよ...


出版情報

発行形態 その他
ISBN 9784488020156
本体価格 ¥2 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

不思議なタイトルと、謎めいたイラストが印象的な表紙に惹かれ読んで見ました。 第一章で、なんの関係も無さそうな三つの話が平行して語られ、まさかそんな真実につながるのかと驚き、この不思議な世界に引き込まれました。 人の叶わない願いと、この世の理に背く願いを叶えるワジ。この両者の欲望が五つの話となり語られています。 ワジがまるで人魚姫に出てくる魔女のような、エデンの園で知恵の実を食べるように唆した蛇のようにも感じました。 人の願いが美しくも儚いものにも感じましたし、ただの醜い欲求にも思えました。 綺麗に張られた伏線に驚き、また最初の章を読み返しました。 美しくて、不思議なミステリーの世界、とても面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

この世の理に背く願いを叶える者ワジによって、運命を変えられた者たちの物語。どの話も、仕掛けがあって最終話で、謎解きされます。「ふたたび、初めての恋」が、切なくて、愛するという気持ちに泣けます。要所要所に出てくるワジのキャラクターが憎めないというか、とても良かったです。そして、カルマとフェイの話を、もっとみたくなりました。新たなる語り部の登場ではないかと思います。

このレビューは参考になりましたか?

ちょっと不気味な異国のお話。連作短編集。最後には登場人物たちがそれぞれに幸福になれそうではあったけど、読んでいる途中は、これからどうなるのだろうとの不安と、若干のわくわく感で落ち着かなかった。早く先を読みたくて、でも読み終えてしまうのがもったいないお話でした。 個人的には、「人魚姫」のモチーフが流れているのかなと感じました。自分の大事なものと引き換えに、“この世の理に背く願い“を叶えてもらうのですが、その代償がとても大きくて、その大きな代償を払ってでも叶えたい願いは切ないものでもありました。 安心して読めるお話ではありませんが、登場人物は誰も皆、魅力的です。 ゲラながら、思わず最初から読み返してしまう作品でした。 出版が楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

これは御伽噺のようなミステリーですね!まずは素敵なタイトルに惹かれました。 読みはじめは並行して進むストーリーに頭の中がはてなマークになりつつも、不思議と物語の中に引き込まれていき、登場人物たちが鮮明になっていきました。 魔女のような不思議な存在のワジ。そのワジから度々出てくる不思議アイテム。読んでいて引き込まれないわけがありません。 ひとつひとつがバラバラのお話のようで、でも最後まで読むと全てが繋がる! すごい!全部回収した!とびっくり嬉しくなりました。 大人の御伽噺だなと思いました。楽しい時間をありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?

大事な人を守りたい、自由になりたい…。そんな希望を叶える力を得るために、何かを犠牲にしなくてはいけない。どこかの隅で起こっていそうな話からファンタジーの世界でありそうな話まで、それぞれの短編で違う印象を受けた。伏線が散りばめられていて、読み進めるごとに物語にのめり込んでいった。

このレビューは参考になりましたか?

タイトルと表紙に惹かれました。読み始めてすぐにファンタジックな童話のような語りと世界に引き込まれます。 大切なものと引き換えにこの世の理に背く願いを叶える謎の女・ワジと、彼女と契約をして願いを叶えた哀しき人達の物語。最初はそれぞれ独立した話かと思って読んでいたのですが。実は一続きに繋がっている、それも最初に語られた物語が物語の鍵となるような重要なもので・・・物語の構成がお見事です。後半はミステリー要素も楽しめました。謎の女・ワジとはいったい何者なのか?また彼女が活躍(?)する物語が読めるかもしれませんね。楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

ファンタジーでありミステリである、異色の連作短編集。ファンタジーな世界観と、連作の中で少しづつ明かされてゆく謎。途中で止めることができない妖しい魅力があります。影法師、美しい何かと引き換えに叶えられる願い事、ナイフ、番犬、詩人、片足の兵隊…どこかアンデルセンを感じさせるイメージに鮮やかに彩られつつ、次から次へと読者の予想は裏切られ、思いもしなかった結末へとたどり着きます。活字の中から、ものがたりの力が浮かび上がってくるような作品であったと思います。ありがとうございました。あと、丹地陽子さん、大ファンです!

このレビューは参考になりましたか?

様々な物語のなかに小さな謎が交じり、最後に交差する物語の運びが素晴らしい。影を切り取られた話や、賭けに勝つしかできなくなった少女の話など様々な話が混ざる群像劇のようだと感じました。 キドウやフェイのキャラもよく、久々にキャラ萌えしました。 登場人物が多く、さらに前の話に出てきたキャラが次の話に出てきたりするので、なかなか人物整理がしにくく感じましたが、一話一話はドキドキさせられる話の展開でよかったです。

このレビューは参考になりましたか?