無邪気な神々の無慈悲なたわむれ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2022/01/20 | 掲載終了日 2022/01/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#無邪気な神々の無慈悲なたわむれ #NetGalleyJP


内容紹介

辻村正樹と京子夫妻が瑠偉を養子に迎えて1年目。記念旅行として美しいリゾート児宝島を訪れた。ちょうど島の生き神様について取材するという鶴見真治、朱美夫妻と知り合い、ともに島に向かうことに。ちょうど前日隕石の墜落があり、さらに近隣の島には怪しげな電波を研究する研究所があるいう。そんな話を聞きながら到着した島は、奇妙なことに大人不在、宿も無人。無邪気な笑顔を浮かべた子供しかいなかった。正樹と京子が大人を探し回ると、隠された死体を見つける。その死体は、まるで子供が人形を壊したように腕をもがれ、髪が抜かれ、無邪気ないたずらで壊されたようだった……。

【著者紹介】

七尾与史(ななお・よし)

宝島社主催の第8回『このミステリーがすごい!』大賞に応募した『死亡フラグが立ちました!』が隠し玉(編集部推薦)として作家デビュー。「死亡フラグ」シリーズは累計54万部を突破。他に「ドエス刑事」シリーズなど。

辻村正樹と京子夫妻が瑠偉を養子に迎えて1年目。記念旅行として美しいリゾート児宝島を訪れた。ちょうど島の生き神様について取材するという鶴見真治、朱美夫妻と知り合い、ともに島に向かうことに。ちょうど前日隕石の墜落があり、さらに近隣の島には怪しげな電波を研究する研究所があるいう。そんな話を聞きながら到着した島は、奇妙なことに大人不在、宿も無人。無邪気な笑顔を浮かべた子供しかいなかった。正樹と京子が大人を...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784576220178
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

子供を生き神とする土着信仰のある離島。その離島で無邪気な子供たちが笑顔で大人を殺しにいく。それも集団で遊びのように大人たちに襲いかかる...しかし子供たちの襲い続ける行動と描写に、読んでいる間ずっとぞくっとし、うわぁと思わず声が出てしまうほど怖かったです。怖いけど島を訪れた人たちが脱出出来るのか気になり一気読みでした。 島で子供嫌いの灯台守、源太郎さんがなぜ子供を嫌うのかという理由は共感しました。 タイトルと表紙通り陰鬱な世界に引き込まれるので、ホラー好きな方にはぜひおすすめしたいです。

このレビューは参考になりましたか?

辻村夫婦が養子の瑠偉を迎えて1年目の記念日に、生き神信仰のある子宝島へと向かうのですが、島には大人の気配がなくいるのは子供ばかり。 異様な様子の島内で、無邪気な笑顔を浮かべ虫の羽や足を毟り取るように大人たちを襲う子供たちから3人は逃れることができるのか。 子供のことがこんなにも恐いと感じたのは、この本が初めてと言っていいぐらい怖い。読み始めて数ページで背筋がゾクゾクし、怖さから本を閉じたいのにページを捲る手も止まらない、あっという間の読了でした。 ホラー好きにおすすめの1冊です。

このレビューは参考になりましたか?

無邪気で純粋無垢な存在こそ、何をしでかすか分からない。そんな狂気をぶつけられた一冊だった。序盤で描かれる幸せな情景がとても温かくて、以降に続く悲劇との差に苦しくなる。よくあるゾンビものよりもずっと胸焼けが酷くて、倫理観が徐々にぶっ飛んでいく様が魅力的だった。

このレビューは参考になりましたか?

決してたわむれとは言えない子供たちの狂気に、ただただ茫然としてしまった。子供たちの表情、大人たちの無残な姿に恐怖が沸き立つ。 ケラケラと笑いながら無邪気に大人を攻撃する姿、親だろうが兄弟だろうが大人というモノに集団で襲い掛かる姿が恐ろしく、「早く逃げて!」とドキドキしながら読み進めました。 生き神様の仕業か、隕石墜落の影響か、怪しげな電波の影響か・・・

このレビューは参考になりましたか?

怖いすぎる、、、イヤっ、グロさ満点でもある作品でした。 子どもがたくさん集ってあんな狂気的な事を次々とするなんて、まるでゾンビのようでした。 グロいの好きな私ですが、動物の残虐文章部分を読むのが本当に辛かったです。(動物の残虐シーンなどは自分のペットと重ねて合わせてしまうので) 前半から後半までグロさが途切れる事のない作品でした。『全裸チャーリー』とのギャップがありすぎてしまい、同じ作家様の作品だよね?と確認してしまうほど全く違ったテイストでした。 この作品を映画化することになったら年齢制限ぜったいにあるなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

不穏な雰囲気の中、読者が想定し得ない状況にはまり込んでいく夫婦。モスキートブロックが出てきたときにはなるほどと救いの気持ちになったが、まさかまさかの展開はこれでもかと残虐さを増し読むのが辛くなったほど。それでもこの夫婦が救われることを祈りながら読み進めていってしまうジレンマ。。 そして最後は、、あぁ、久々にこんな小説を読んで、果たしてこれは禁断なのではないかとしばしば呆然。。

このレビューは参考になりましたか?

【レビューというより感想】 あらすじから内容はわかっていたものの久しぶりにキツい猟奇系ホラーを読んだ。 読後、ヒッチコックの『鳥』を思い出す。 結局子どもたちが変容した理由ははっきりとはわからずじまいだけど、それも気持ち悪さに拍車をかけてる気がする。これから子どもたちの集団を見るとドキッとしてしまいそう。 読む人を選びそうな内容なので☆3つ

このレビューは参考になりましたか?

冒頭から衝撃的な展開で始まる。その後も次々と嵐のような展開が待ち受けていて、気の休まることがない。救いのないクローズドサークルだ。少しは救いがあるのかと期待しながら読んでは、その期待が見事に裏切られる。子どもたちの純粋さがこんなにも恐ろしいなんて思わなかった。あの後のことは、、考えないでおこう。。

このレビューは参考になりましたか?

親子三人で行った子どもたちの多い児宝島への旅。無邪気だからこそその容赦のない行動が不気味で、どうしてそうなるのかも分からなくて、養子でも見捨てない覚悟を決めた最後まで諦めない姿勢が印象的でしたけど、呆然となるしかなかったその結末にはやられたと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

子どもが多く住む児宝島。実はその島の子どもは集団で大人を殺していっていた…というところから始まり、ドキドキしながら読み進めました。辻村夫妻は逃げ切れるのか、気になりすぎて一気に読んでしまいました。一瞬ホッとする場面もあるがすぐにまた次々と襲いくる子どもたちがたまらなく怖いけれど、つい読んでしまう…。ラストに震えました。

このレビューは参考になりましたか?