イクサガミ 天

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2022/02/15 | 掲載終了日 2022/02/14

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#イクサガミ天 #NetGalleyJP


内容紹介

生き残れ。地獄を。

明治11年。深夜の京都、天龍寺。
「武技ニ優レタル者」に「金十万円ヲ得ル機会」を与えるとの怪文書によって、腕に覚えがある292人が集められた。

告げられたのは、〈こどく〉という名の「遊び」の開始と、七つの奇妙な掟。

点数を集めながら、東海道を辿って東京を目指せという。

各自に配られた木札は、1枚につき1点を意味する。点数を稼ぐ手段は、ただ一つ――。
「奪い合うのです! その手段は問いません!」

剣客・嵯峨愁二郎は、命懸けの戦いに巻き込まれた12歳の少女・双葉を守りながら道を進むも、強敵たちが立ちはだかる――。


生き残れ。地獄を。

明治11年。深夜の京都、天龍寺。
「武技ニ優レタル者」に「金十万円ヲ得ル機会」を与えるとの怪文書によって、腕に覚えがある292人が集められた。

告げられたのは、〈こどく〉という名の「遊び」の開始と、七つの奇妙な掟。

点数を集めながら、東海道を辿って東京を目指せという。

各自に配られた木札は、1枚につき1点を意味する。点数を稼ぐ手段は、ただ一つ――。
「奪い合うのです! その手段...


出版社からの備考・コメント

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、建設的なご意見をくださる方

下記に該当する方のリクエストはお断りさせていただく場合がございます。
ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

○お名前・所属などに詳細な記載がなく、プロフィールにてお人柄が伺えない方
○作品ごとに設けました外部サイトへのレビューのルールをお守りいただけない方
○フィードバック率の低い状態が長く続く方
-----------------

※※リクエストの承認につきましては現在お時間をいただいております。

★校了前の仮データを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

発売前の大切なゲラをご提供させていただいております。弊社では、下記のような方からのリクエストをお待ちしております。
○発売に向けて、一緒に作品と著者を応援していただける方
○NetGalleyへレビューを書いてくださる方
○自分には合わない内容だった際、どういったところが合わなかったかなど、...


おすすめコメント

≪担当編集コメント≫
デスゲーム×明治時代――。
デビュー5年弱にして、すでに直木賞候補3回。
歴史・時代小説界を代表する作家のお一人、今村翔吾さんによるエンタテイメント大作が始まります!

多彩なライバル、迫力のバトルシーン、読んでいて気持ちがいい疾走感、「まさか」が連続する驚きの展開――。冒頭を読み始めると、その後止まれなくなること間違いなしです。

エンタメ度抜群で、普段あまり時代小説は読まないという方にもオススメの作品です。ぜひ本作を読んで時代小説を好きになってください!

≪担当編集コメント≫
デスゲーム×明治時代――。
デビュー5年弱にして、すでに直木賞候補3回。
歴史・時代小説界を代表する作家のお一人、今村翔吾さんによるエンタテイメント大作が始まります!

多彩なライバル、迫力のバトルシーン、読んでいて気持ちがいい疾走感、「まさか」が連続する驚きの展開――。冒頭を読み始めると、その後止まれなくなること間違いなしです。

エンタメ度抜群で、普段あまり時代小説は読まないという...


販促プラン

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集共に楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の書店様は
恐れ入りますが<講談社 第五事業販売部>まで直接お問合せをお願い致します。

★★

読み終わりましたら是非NetGalleyへレビューを投稿ください!
著者・担当編集共に楽しみにお待ちしております。

また、適したメディアやお持ちのSNSにもレビューを投稿いただき、多くの方に本を拡げていただけますと嬉しく幸いです。

※発売前作品のため、ネタバレになるレビューはくれぐれもお控えくださいませ※

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

★★★★★

作品の拡材や指定配本をご希望の...


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784065269862
本体価格 ¥700 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

明治時代を舞台とした、とんでもないデスゲームが始まった。 ゲームの名は〈こどく〉 参加者たちが、点を取りながら東海道を通り京都から東京を目指すゲームだ。 愁二郎が序盤に、戦いに巻き込まれた少女・双葉に「俺から離れるな」と手を引いた時に、この先どうなってしまうんだろう、この人物に狙われているのではないのかと、私までこのゲームの参加者となったような気持ちで読み進めました。 とても読みやすく、まるで映画を見ていたような読後感なので時代物をあまり読まない方にもとても読みやすいと思います。 三巻完結ということなので、この続きがとても楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

時代小説ってこんなに読みやすいの?ってくらい、普段時代小説を読まない私でもさくさく読めて、めちゃくちゃ楽しめる作品でした! 時代背景は明治で古い時代のはずなのに、物語がすんなりと入ってきます。 「こどく」という名のバトルロイヤル。登場人物達の生い立ちや目的も様々で、主人公以外も応援したくなります。 バトルシーンも文字を読んでの想像でしかありませんが、とてもかっこいいんだろうなとドキドキハラハラしながら読みました。映像化されたら凄い事になりそうです…! こちらは3巻完結の1巻目ということで、これから超大作になりそうですね!! 良い所で終わったので続きがとても気になります。3巻揃った時に一気に駆け抜けたいです! これは普段時代小説を読まない方達にもぜひオススメしたい作品です!! 主人公達と一緒に戦いながら駆け抜けるように、一気に読み終わりました!本当に面白かったです!ありがとうございました!

このレビューは参考になりましたか?

大変面白かったです! デスゲームという要素のおかげで先が読めないやら気になるやらで、一気に読んでしまいました。 そして愁次郎無双…(今のところですが) 仲間が出来つつあるようですし、なんとか人を殺さないでゲームを進めたいという課題も増えましたね。そしてこう言う話には、思いがけない人の裏切りという展開もつい期待してしまうので。 それも含めて次巻が楽しみな作品でした。

このレビューは参考になりましたか?

今村版イカゲームか!!!と冒頭から武者震いが。京都の天龍寺に集まった武芸に優れた強者ども、主人公嵯峨愁二郎、 そしてその中に場違いのようにいた少女双葉。 大金を懸けて互いの木札を奪い合いながら東京を目指すデスゲームは、もう誰も信じられない。 個性的な登場人物たちのバックボーンもこれから気になるところ。 いや、ここで『天』が終わると 続きが気になって仕方ないんですけどーーー。あっという間に読了。 映像が浮かんでくるようでした。

このレビューは参考になりましたか?

いい意味で時代小説っぽくなかった!デスゲーム×明治時代、とどちらもあんまり得意ではないジャンルなのに、止まらずに一気読みをしてしまいました。 デスゲームという非現実な設定なのに、時代設定のせいかすごくリアルに感じられ、入り込みやすかった。キャラクターがみんな魅力的、主人公は特に好感が持てます。殺伐としたシーンが多いのに、楽しく読めるのはキャラクターの良さのおかげかも。全体的に、少年漫画を読んでいるような楽しささえ感じました。 こどくの謎、3人の行く末、主人公の兄弟との再会、など気になる要素がたくさん残っていて続きが待ち遠しいです。

このレビューは参考になりましたか?