女子も!男子も! 生理を知ろう

①生理ってなんだろう

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/01/22 | 掲載終了日 2023/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#女子も男子も生理を知ろう #NetGalleyJP


内容紹介

これからは男子にも知っておいてほしい、女性の身体のこと

生理って何? はじめての生理ってどんな? マンガと解説で紹介。同じ社会で生きていくかぎり、生理の知識は男子にも必要です。「血がそんなに出て痛くないの?」「プールを見学するのはサボり?」など男子のギモンに答えるコーナーも。

★関連教科:保健体育

★対象:小学校中学年から中学生

★NDC 495

★図書館用堅牢製本

★B5判

★32ページ

これからは男子にも知っておいてほしい、女性の身体のこと

生理って何? はじめての生理ってどんな? マンガと解説で紹介。同じ社会で生きていくかぎり、生理の知識は男子にも必要です。「血がそんなに出て痛くないの?」「プールを見学するのはサボり?」など男子のギモンに答えるコーナーも。

★関連教科:保健体育

★対象:小学校中学年から中学生

★NDC 495

★図書館用堅牢製本

★B5判

★32ページ


出版社からの備考・コメント

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 5 ジェンダー平等を実現しよう】

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 5 ジェンダー平等を実現しよう】


販促プラン

8月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ4~7」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年8月31日(水)まで

※当選者には、2022年9月9日(金)までに当選のご連絡をいたします。

※沢山アクセスすると当選率アップ!

※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります。この機会にプロフィールの確認・更新をお願いいたします。

8月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ4~7」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年8月31日(水)まで

※当選者には、2022年9月9日(金)までに当選のご...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784811325392
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

等身大でわかりやすいです。

『女子も!男子も!生理を知ろう』というタイトルが具体的でいいですね。
小学校の図書館にあったら、興味を持って、手に取る子がたくさんいると思います。

生理と聞いて、小学校中学年ぐらいの子たちはどんなことを考えるでしょうか?
恥ずかしがる子もいるでしょうし、
からかいの元になったりもするでしょう。
年齢的にそれを否定するのは難しいだろうと思います。
それでも、生理について知ることは大切なことですし、
少しずつ、生理について話したり、知ろうとすることが普通になっていくといいと思います。

このシリーズのようにはっきりと書かれている本が、小学校にあるといいですね!

このレビューは参考になりましたか?

生理を学ぶシリーズの第1巻。
当たり前のことなのにタブー視されてふせられてきた生理。
男も女もどっちも知っていないといけないこと。
そんなことをわかりやすく説明しています。
是非とも、生理がまだ来ない低年齢のうちに読んでおいてほしい一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

とっつきやすい漫画、カラーでわかりやすいイラストと写真。女の子と男の子が何人か登場し、それぞれちょっと違う感覚を持っているのを言葉にしている。学校の保健の時間で習うテーマであることは変わらないだろうけれど、果たしてそれが身近なものだっただろうか。タブーではなかっただろうか。教える側も試行錯誤の積み重ねであろうと思う。
ニュースや時事問題を見ていると、貧困の問題で生理用品が買えない子供の問題、学校に誰にでも使えるように備品としておいておくという話題などが世界中の共通のテーマとしてあることも見えてくる昨今。
シリーズもの。ここからさらにどう性教育を深めていくのだろう。思春期の子供を持つ親としても興味深い。

このレビューは参考になりましたか?

小学校高学年〜中学校の時期に、身体的な男女に拘らずみんなに読んで欲しい1冊です。生理は女子に必ずあり、恥ずかしいことではないのに、なかなか言えない。
自分も中学生の頃、プールの用意をして登校したけれど、プールの前に生理になり、見学した友人がいて、男子が「なぜプールを見学していたのか?」と聞かれていたのを思い出した。男子にしてみたら、素朴な疑問なんだろうけど、女子にしたら触れてほしくないというか…
この本は保健の授業にもオススメできます。
男子も女子も正しく理解し、恥ずかしくない、ちょっと失敗しても助け合える環境になることを望みます。
拝読できて光栄です。ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?