世界がぐっと近くなるSDGsとボクらをつなぐ本

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2020/02/06 | 掲載終了日 2023/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#世界がぐっと近くなるSDGsとボクらをつなぐ本 #NetGalleyJP


内容紹介

SDGsとは?自分には何ができる?国連が採択した2030年までの目標「SDGs」を子どもが自分ごととして理解するための本。17の目標のキーワードに注目し、漫画と図解でやさしく解説。遠くの国の問題は自分の問題だと気がつくための工夫がたくさん。

SDGsとは?自分には何ができる?国連が採択した2030年までの目標「SDGs」を子どもが自分ごととして理解するための本。17の目標のキーワードに注目し、漫画と図解でやさしく解説。遠くの国の問題は自分の問題だと気がつくための工夫がたくさん。


出版社からの備考・コメント

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 0 SDGsを知ろう】

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 0 SDGsを知ろう】


販促プラン

7月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ0~3」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年7月31日(日)まで

※当選者には、2022年8月12日(金)までに当選のご連絡をいたします。

※沢山アクセスすると当選率アップ!

※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります。この機会にプロフィールの確認・更新をお願いいたします。

7月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ0~3」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年7月31日(日)まで

※当選者には、2022年8月12日(金)までに当選の...


出版情報

ISBN 9784055012942
本体価格 ¥4,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

図が豊富で年齢にかかわらずSDGsの内容のイメージが頭の中で描けるようになる良書だと思いました。池上さんが監修されていると説得力が違いますね。わかりやすいので学校などの授業に取り入れてもよいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

この作品はSDGs17個の目標について書かれている。漫画やグラフを用いて子どもたちでも楽しく学べるような作りになっている。また、各項目に「ぼくらにもできるSDGs」が記載されており、よりSDGsについて知ることができる。この作品は小学校の授業で取り入れればみんなで楽しくSDGsの学びができるだろう。

このレビューは参考になりましたか?

池上彰さんが監修を務めるSDGsについての本であるが、中身は漫画で問題提議をして、それについてSDGsと絡めて池上さんが解説をしていくという構成となっている。
これならば、文字ばかりはちょっという方や初めてSDGsについての本を読む小学生や中学生にお勧めできる本であると考える。

このレビューは参考になりましたか?

各17の目標の説明の前に1ページ分の漫画があり、子どもでも興味を持ちやすいと思いました。また漫画以外のページでは、詳しく説明が載っていますが、言葉が分かりやすいものであったりイラストが沢山あったりと工夫されていました。また世界の現状についても記載されているので、より現実味を感じることができました。

このレビューは参考になりましたか?

皆さんはSDGsの例えをイメージし、説明することはできますか。言葉は知ってるけど、結局どんな話がSDGsなのかがわからない人も中にはいるかもしれません。そんなあなたにあの話題の池上さんがSDGsについて優しく教えてくれます。子供だけでなく、大人もぜひ読むべき一冊です。

このレビューは参考になりましたか?

SDGsの17項目について、それぞれイラストやわかりやすい言葉で説明されているため、とても読みやすかったです。子どもでもできるようなSDGsへの取り組みが紹介されていたため、子どもたちが身近な問題として捉え、日常生活の中で意識することができると感じました。

このレビューは参考になりましたか?

世界がぐっと近くなるSDGsと僕らをつなぐ本
この本では簡単な言葉でわかりやすく世界の問題について書かれていた。図が可愛いイラストとともに体裁されていたり、漫画調になっていたりとどんな世代でも理解しやすく、また楽しめる工夫がなされていた。そして解決策も最後には載っていて、子供たちにぜひ見てほしいような内容だった。

このレビューは参考になりましたか?

持続可能な社会が求められる現代。そうした中で私自身はそもそもどのようなことが環境や人にとって良い事なのか深く考えたことがなかったのでとても勉強になりました。中でも生きていく上では欠かせないお金に関する問題として取り上げられている貧困問題は大人でも学ぶことが多い内容になっています。

このレビューは参考になりましたか?

漫画を通してSDGsについて知ることができました。読んでいて楽しいです。
 SDGsが日本における問題でもあり、その問題に対して私たちができることが説明されていたので、実際にSDGsに取り組むことができると思いました。
 日本と関連させて考えていくことの大切さを説いており、SDGsを他人事として離してはいけないものだと痛感させてくれる一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

いろいろなことを考えて読んで泣きそうになってしまいました。
もとより環境や世界の人々、自分本位でない視点は人よりももっているような気がしていて、ただそんなのではぜんぜん甘くて世界を救うことなどできません。
つらいことを考えるのをやめて仕舞えば世界はもっと悪くなるのだと、分かってはいるのに強くなれない人の負債でしょうか。
池上彰さんの完璧な解説にはお子さまも興味津々でしょう。

このレビューは参考になりましたか?

SDGsのそれぞれが、身近なコトから出発して、日本に、世界に目を向けていく流れがわかりやすいです。まさに「世界がぐっと近くなる」!イラストが豊富でルビもついて、子どもでも興味を持ってSDGsが学べるのではないでしょうか。子供のころに調べ学習(今でいう探究でしょうか)をしたのを思い出して懐かしかったです。

このレビューは参考になりましたか?

SDGsの入門書。17のターゲットについてわかりやすく伝えている。各ターゲットの終わりには自分たちにできることについて書かれている。
SDGsについての探求活動に発展させるには、資料が少ない。巻末にさまざまな団体や企業の資料があるとよかった。

このレビューは参考になりましたか?

小学校4年生の息子と一緒に 読んでみました。各章の導入部分が、漫画になっているので 興味を持つことが出来、また 子供にとって身近な出来事が例になっているので 分かりやすい。他人事ではなく、一人一人が気をつけなければならないことだと気付くことができる。漫画以外の部分は親と一緒に読むことで「どうしたらいいのかな?」「ぼくに出来る事はなんだろう?」とコミニケーションを取りながら向き合うことができる。

このレビューは参考になりましたか?