みんなで学ぼう17のゴールイラストブックSDGs 国連とめざす持続可能な開発目標

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/07/31 | 掲載終了日 2023/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#みんなで学ぼう17のゴールイラストブックSDGs国連とめざす持続可能な開発目標 #NetGalleyJP


内容紹介

【本文一部抜粋版】

SDGsを知ることは、世界を知ること。世界が直面する大きな課題とその原因、取るべき行動とは。SDGsの17のゴールをイラストによってわかりやすく学ぶことができる本。日常の中で「今すぐに」「私たちができること」を学び、考えることができる。

【本文一部抜粋版】

SDGsを知ることは、世界を知ること。世界が直面する大きな課題とその原因、取るべき行動とは。SDGsの17のゴールをイラストによってわかりやすく学ぶことができる本。日常の中で「今すぐに」「私たちができること」を学び、考えることができる。


出版社からの備考・コメント

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 0 SDGsを知ろう】

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 0 SDGsを知ろう】


出版情報

ISBN 9784265851836
本体価格 ¥2,000 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

パッと目を引くイラストとデザインで、SDGsを解説する。
2015年に採択されたこれらの目標は、まさに世界言語として、誰にでもわかりやすい世界共通のロゴとともに認知、普及が目指されていることがつよく感じられる。
小学校の教室にポスターが貼ってあるのを目にしたし、当たり前のように生活の中にあり、皆が意識するようになることが目指されている。
今後も、理解しておくのが必須、になってくるだろう。そして、いつも感じるのだが、子供向け(9歳以上と英語版の解説にあり)の本だけれど、まずは大人がちゃんと知っているかな?と思うと、子供向けの本を大人が読むことも大切、だと思う。本書は翻訳で、ロゴの下に英語が添えてあるので、単語を知っておくのも大切だと思う。子供向けに示してあっても、言語は子供や、例えば中学レベルで学校で習う語彙にあるとは残念ながら思えないので。

このレビューは参考になりましたか?

子供向けに身近な言葉や例を使って説明してくれている。
フードロスをなくせば途上国の人たちに食料を回せる、など一部、実際には少し違う部分もあるが、大人の自分でも知らなかったSDGsについての知識を教えてくれた。

このレビューは参考になりましたか?

目を引くイラスト。そしてはじめに出てきた『この世界を救わなくてはならないのはなぜ?』 という文。私達は地球に住み、地球に生かされているのに、その地球を汚し、深刻な状況にしてしまった。そして同じ地球人なのに国や地域などで差があるのは変。皆、同じ命のはずなのに。この本では分かりやすく私達にできることが記されている。一歩を踏み出すためのヒントを教えてくれている。SDGsを学び始めた子ども達に分かりやすく図書室に置いておきたい一冊だ。

このレビューは参考になりましたか?