時代をきりひらいた日本の女たち

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
刊行日 2021/08/31 | 掲載終了日 2023/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#時代をきりひらいた日本の女たち #NetGalleyJP


内容紹介

【本文一部抜粋版】

かつて自分の可能性を追求し、生きる道を見つけるために奮闘した日本の女たちがいた。広岡浅子、荻野吟子、津田梅子…。熱く、激しく生き抜いた31名の物語。今を生きる子どもたちに贈る渾身のメッセージ。

【本文一部抜粋版】

かつて自分の可能性を追求し、生きる道を見つけるために奮闘した日本の女たちがいた。広岡浅子、荻野吟子、津田梅子…。熱く、激しく生き抜いた31名の物語。今を生きる子どもたちに贈る渾身のメッセージ。


出版社からの備考・コメント

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 5 ジェンダー平等を実現しよう】

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 5 ジェンダー平等を実現しよう】


出版情報

ISBN 9784265059751
本体価格 ¥4,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

抜粋で、津田梅子、樋口一葉の章を拝読。困難な時代に新しいことを成し遂げた勇気ある偉人、というような位置付けで習う女性たちの生涯や功績。そんな彼女たちも、時代は違えど私たちと同じように日々を生活していたこと。身近に感じられるように、その時のその人の気持ち、をあらわす言葉を多様し、どんな生き方をしたのか、をひとり四ページずつで示している。テレビドラマ化されたりして知名度が上がる女性も多いだろう。
時代がくだったところでは歴史ある映画館閉館で話題になった、高野悦子や、米原万里など幅広く取り上げられている。

このレビューは参考になりましたか?

この本を読みながら感じたのは「スゴイ女性が大勢いたのだ!」ということと、それ以上に女性が何かをすることをことごとく邪魔をする男たちがいたということです。勝手に「女には無理だ、女にはできない」という考え方を押し付けてきた歴史の重さに打ち砕かれそうな気持になってしまったのです。

 女子高とか女子大学というのはなぜ存在するのか?とずっと不思議に思っていたのです。その謎がこの本で解けました。男子しかいない学校に女子を入れてくれといっても入れてくれない。入れてくれたとしても差別を受ける。だから女子だけの学校を作るということだったのですね。

 田部井淳子さんのページで、男ばかりの中に女ひとりが参加するということは嫌がられたので、女性だけの登山隊を作った。という文章を読んで、なるほどと思いました。女子大学が創設された理屈とまったく同じだったのです。

 そして、この本で紹介されている多くの女性が母子家庭で育っていることにも驚きました。普通だったら両親揃っていてよかったねという所なのですが、特別な才能を伸ばすには男親がいない家の方がいいというのは、なんとも悲しい話だなと思います。もちろん理解ある男親もいれば、理解のない女親もいますけど、すべての人が平等に機会を与えられるべきであるという当たり前のことが、これまでも、そして今でも実現できていないのは辛い事実です。

 この本は子供向けですけど、大人にも読んでもらいたい。いいえ、大人こそ読んで欲しい本です。未来の子供たちが生きやすい世界を作るために!

 
P.S. こちらで公開されていたのは、この本の抜粋だったので、全部を読みたくなり、紙の本ですべての方のエピソードを読み終わっての感想です。

このレビューは参考になりましたか?