福祉用具の図鑑『手や足の働きを助ける』

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2021/03/03 | 掲載終了日 2023/03/31

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#福祉用具の図鑑手や足の働きを助ける #NetGalleyJP


内容紹介

【本文一部抜粋版】

調べ学習に! 体の働きをたすける福祉用具

暮らしを支える福祉用具をたっぷり掲載。『手や足の動きを助ける』『目や耳の働き・発達障害を助ける』2冊セット。利用者目線で考えながら福祉用具を知ることができる。

https://www.kinnohoshi.co.jp/search/info.php?isbn=9784323932354

『手や足の動きを助ける』

【もくじ】

●第1章 車いす・義足・義手

手が足が不自由って、どういうこと?(手や足が不自由な人たち/手や足が不自由でこまること)/車いす(車いすのしくみ/さまざまな車いす)/義足(部位による分類/用途による分類)/義手(部位による分類/用途による分類/そのほかの義手)/装具(上半身の装具/下半身の装具)/杖/歩行器/まちのバリアフリー(道路/駅/乗り物/さまざまな施設)

●第2章 生活に便利な用具

家のさまざまな場所で役立つ福祉用具

玄関・階段/廊下・ドア/寝室/浴室/トイレ/スイッチ・リモコン/台所/台所用具/食器類/身だしなみの用具/文房具/意思を伝える用具/そのほかの用具/活躍する 介護ロボット/見つけよう! ユニバーサルデザイン/さくいん

【本文一部抜粋版】

調べ学習に! 体の働きをたすける福祉用具

暮らしを支える福祉用具をたっぷり掲載。『手や足の動きを助ける』『目や耳の働き・発達障害を助ける』2冊セット。利用者目線で考えながら福祉用具を知ることができる。

https://www.kinnohoshi.co.jp/search/info.php?isbn=9784323932354

『手や足の動きを助ける』

【もくじ】

●第1章 車いす...


出版社からの備考・コメント

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 3 すべての人に健康と福祉を】

児童図書選書のための総合ブックカタログ Luppy(るっぴぃ)
特集 SDGsに取り組もう 選定作品
【テーマ 3 すべての人に健康と福祉を】


販促プラン

7月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ0~3」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年7月31日(日)まで

※当選者には、2022年8月12日(金)までに当選のご連絡をいたします。

※沢山アクセスすると当選率アップ!

※プロフィールの登録情報(お名前、所属、自己紹介)が明記されている方が対象となります。この機会にプロフィールの確認・更新をお願いいたします。

7月リクエストキャンペーン「SDGsを知ろう!テーマ0~3」(NetGalley Japan主催)

本作品に「リクエスト・すぐ読みアクセス・Wish」のいずれかを実施いただいた方の中から、抽選で10名様に図書カードネットギフト500円分をプレゼント!

この機会に、ぜひSDGs関連本をお読みください!

締切:2022年7月31日(日)まで

※当選者には、2022年8月12日(金)までに当選の...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784323053813
本体価格 ¥3,200 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

知らないと見えないものがあります。知ることで広がる世界があります。素敵なものには心ときめき、困ったものにはこころとまどうものです。でも、知らないことで鈍感でいるのは、自分の世界をちっちゃくしてしまうかも。
この図鑑の思いがが身近に感じられるようになればいいですね。わたしも、初めて義足を見て、ちょっと戸惑いました。「鈍感」であることから、すこし背負うものが増えてしまうけれど、その分、きっと、優しくなれる、そんな気がします。
図鑑には4つのバリアがあると書かれています。物理的なバリア。情報面のバリア。制度的なバリア。心のバリア。バリアって、難しい言葉だけど、邪魔するものってことらしい。だから、心のバリアは、きれいな心を邪魔するもの、笑顔を邪魔するもの。そんな、バリアをなくしたいと感じるこどもや、自分以外の邪魔をなくす時間に「誇りと責任」を感じる子どもが、増えれば素敵なのにと思いました。
だけど、だけど、まずは、かつて子どもであった今の大人達の努力を知ってほしい!こんなに丁寧に細やかに用具を作ってきた人たち、利用してきた人たちがいることを知ってほしい!今の大人達もすごくないですか?義足だってどれほどの努力の結晶なのか、勇気を出してそれを使った人、みんな、すごいです。昨年のパラアスリートの笑顔家、デイケアから帰ってきたうちのおじいちゃんの笑顔・・・どれも、心のこもった用具と支える人に助けられているのですね。4つのバリアの中で、一番難しいのは「心のバリア」を乗り越えることかも。この図鑑を手元に、「心のバリア」を溶かしていきましょう。ありがとうございました。

このレビューは参考になりましたか?

例えばパラリンピックが大きく注目されるようになってきて、義手や義足の力を借りて生きることが、体を鍛え上げてアスリートになって世界の舞台に立つことすらできる、ことが目に見えるようになった。
でも、日々の中で、このような機械や工夫がされていて、こんなにも生活が助けられていることは、当時ではないとなかなか身をもって体感することはできないと感じる。
住宅や施設は新しく建設されたものはバリアフリー化がほぼ完璧にできているものが多い。その一方で古くからある建物、残すべき建築物もあり、以前はどの部屋にも高い敷居があるのがあり、それは建築上当たり前のように存在するもので、それが邪魔になるとは考えられていなかったということにも気付かされる。
例えばエレベーターに必ず鏡があるのは、なんのためなのか、私も子供たちも長いことはっきり知らなかった。無知とは恐ろしい。今は冬。凍りついた大きな通りを歩きながら、除雪が無理なレベルで凍ってしまった点字ブロックを見て、春が来るまでこれに頼っていた人々は困るだろうな、と思った。

このレビューは参考になりましたか?

亡義母がフレイルから要介護へと一直線に突き進んだころ、福祉用具には大変お世話になった。
杖から始まり、あっという間に杖もつけなくなり、家中に手すり、介護ベッドにポータブルトイレ、食事は介助する人に食べさせてもらい、お風呂は出張入浴。風呂用の介護椅子も使った。そのうち家庭ではこれ以上の介護は無理になって、施設で車椅子生活になった。
老人というのが最後まで豊かに自分の人生を実らせていくことができないことが悲しかった。
知らないと想像すらできない。手足の不自由や欠損を補い、それどころか積極的に自分の生活を作り上げていくための義手、義足の働きには目を見張らされる。昨年のパラリンピックは記憶に新しく、運動用の義手や義足や車椅子にもみんなの注目と理解はある程度は進んだと感じる。
バリアフリーの必要性も目の当たりにした。持続可能な世界のあり方を今一度考える。

このレビューは参考になりましたか?

現在、福祉用具専門相談員です。
利用者が福祉用具を使うことで、どのような未来になるのかー。
私たち相談員が目指す社会は、ダイバーシティ&インクルージョンという概念に常に向き合います。
福祉用具は、日々進化の一途を辿っています。
しかし、物の豊かさや機能を追求するだけでは抜本的解決に至りません。
大事なのは全ての人が暮らす毎日、つまり「QOL」の改善にあります。
住宅環境一つにしても、日本家屋は段差の問題などがまだまだあります。
自分自身がいざ障がいを持ち、当事者になった時、どのような福祉用具で解決できるのであろうかー。
90歳の利用者に言われた、「この手すりがあって、いつも助かっている。」
私たちはそんな一言をいつまでも大切にしたい。

このレビューは参考になりましたか?