八月の母

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/04/04 | 掲載終了日 2022/04/26

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#八月の母 #NetGalleyJP


内容紹介


彼女たちは、蟻地獄の中で必死にもがいていた。

『イノセント・デイズ』を超える、衝撃と狂気。

著者究極の代表作、誕生。


愛媛県伊予市。越智エリカは海に面したこの街から「いつか必ず出ていきたい」と願っていた。しかしその機会が訪れようとするたび、スナックを経営する母・美智子が目の前に立ち塞がった。そして、自らも予期せず最愛の娘を授かるが──。うだるような暑さだった八月。あの日、あの団地の一室で何が起きたのか。執着、嫉妬、怒り、焦り……。人間の内に秘められた負の感情が一気にむき出しになっていく。強烈な愛と憎しみで結ばれた母と娘の長く狂おしい物語。ここにあるのは、かつて見たことのない絶望か、希望か──。


彼女たちは、蟻地獄の中で必死にもがいていた。

『イノセント・デイズ』を超える、衝撃と狂気。

著者究極の代表作、誕生。


愛媛県伊予市。越智エリカは海に面したこの街から「いつか必ず出ていきたい」と願っていた。しかしその機会が訪れようとするたび、スナックを経営する母・美智子が目の前に立ち塞がった。そして、自らも予期せず最愛の娘を授かるが──。うだるような暑さだった八月。あの日、あの団地の一室で何が起き...


おすすめコメント

「『イノセント・デイズ』を今一度書く。そして「超える」がテーマでした。僕自身はその確信を得ています」(著者)


本作は、ベストセラーとなった『イノセント・デイズ』を超える新たな代表作を書きたいと著者が挑んだ、長編大作です。

愛媛県伊予市を舞台に、母性とは何か、親子愛、家族愛、人間の業を深く描いた、衝撃の問題作と言えます。ラストに待ち受けるのは、かつてない絶望か、希望か。ぜひご高覧ください。

「『イノセント・デイズ』を今一度書く。そして「超える」がテーマでした。僕自身はその確信を得ています」(著者)


本作は、ベストセラーとなった『イノセント・デイズ』を超える新たな代表作を書きたいと著者が挑んだ、長編大作です。

愛媛県伊予市を舞台に、母性とは何か、親子愛、家族愛、人間の業を深く描いた、衝撃の問題作と言えます。ラストに待ち受けるのは、かつてない絶望か、希望か。ぜひご高覧ください。


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784041109076
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)