トゥルークライム アメリカ殺人鬼ファイル

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/04/20 | 掲載終了日 2022/04/20

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#トゥルークライムアメリカ殺人鬼ファイル #NetGalleyJP


内容紹介

エフエム東京が運営する、ラジオアプリ「Audee」で放送中の番組「トゥルークライム」を基にしたノンフィクション書籍。

アメリカで実際に起こった猟奇殺人事件を取り上げ、事件の真相や犯人の人物像、背景となった社会の問題を分析していく。

番組のMCは、俳優の大谷亮平氏と声優の谷山紀章氏。またコメンテーターを、作家の平山夢明氏が務める。

2022年3月には、番組の新シーズンが公開予定。

エフエム東京が運営する、ラジオアプリ「Audee」で放送中の番組「トゥルークライム」を基にしたノンフィクション書籍。

アメリカで実際に起こった猟奇殺人事件を取り上げ、事件の真相や犯人の人物像、背景となった社会の問題を分析していく。

番組のMCは、俳優の大谷亮平氏と声優の谷山紀章氏。またコメンテーターを、作家の平山夢明氏が務める。

2022年3月には、番組の新シーズンが公開予定。


出版社からの備考・コメント

※書影はダミーです。

※書影はダミーです。


おすすめコメント

小説作品のみならず、書籍『異常快楽殺人』でも、1993年の発売以来順調に版を重ねている平山夢明氏。これらのファンに訴求できるような、ノンフィクション書籍としたい。

小説作品のみならず、書籍『異常快楽殺人』でも、1993年の発売以来順調に版を重ねている平山夢明氏。これらのファンに訴求できるような、ノンフィクション書籍としたい。


販促プラン

書店の皆様へ

★4月1日まで★

初回指定承ります。

販促素材から初回指定用紙をダウンロードしてご返送、

または

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)

書店の皆様へ

★4月1日まで★

初回指定承ります。

販促素材から初回指定用紙をダウンロードしてご返送、

または

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)


出版情報

ISBN 9784334953065
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)

NetGalley会員レビュー

シリアル・キラーとそうでない者の違いは何なのか。持って生まれたものなのか、生きてきた環境の問題か。この本を読むと考えさせられます。ニュースで殺人犯の情報を見れば、おそらく100%の人が「極悪人」と感じると思います。このトゥルー・クライムの殺人犯たちも、犯した殺人だけを見たら同じ感想を持つと思うのに、生い立ちなどの情報を合わせてみると、100%殺人犯が悪いとは言い切れなくなる。どの人も犯した罪には同情の余地はないけど、生きてきた環境には同情の余地がありました。

このレビューは参考になりましたか?

実際に存在した連続殺人鬼の行った事件を事細かく記載され、なおかつ彼らの生い立ちや、当時の世情等も詳しく書かれており、また解説がとても分かりやすいので、実録事件が好きな方や、犯罪心理学等学ばれてる方はオススメです。

このレビューは参考になりましたか?

人間の「闇」を覗きたいと思うのは何故なのだろう。
 アメリカの殺人鬼たちを扱った本書は、実際に発生した事件の詳細を、その陰惨さも含め包み隠さず描いている。また各事件に関する平山夢明の解説は、犯人の生育環境や心理学的見地など多方面に及び、とても興味深い。
 各事件について詳しく知るにつけ、殺人鬼たちへの憎悪が募る。
 同じ人間のやることとは思えない。
 しかし、だからと言って、切って捨ててしまったいいのかという思いも生まれてくる。彼らを残虐な犯行に駆り立てたのは何だったのか。何が彼女らを殺人鬼にしてしまったのか。起きてしまった事件に目をつぶらず、その背景を知り、向き合い、考えることで、何か再発を防ぐ「希望」が見つかるかもしれない。
 私は、その「希望」を見つけたくて「闇」を覗き続けるのだと思う。
 想像を軽く超えるような事件が数多発生する現代。自身が「闇」に吞み込まれないためにも、一読しておくべき本かもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

平山さんの興味と一緒で同じような悲惨な生育環境で育っても100人中100人が事件を起こすわけじゃない、寧ろ90%以上は真っ当に生きているのにこの人の何がそうさせたのかに興味があって見てるとニーチェの格言「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」が頭に浮かぶ。もしかしたら、恐怖や理解できないことを確認するために見てるのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

犯罪心理学に大きな興味がある為、本書の対談でも名前が出たレスラー氏の著書を読んだり、ネット上でケースを読んだりするも、彼らなりの目的や動機、犯罪そのものや、言動にすら1㎜も共感出来ない。子供時代の虐待や、ネグレクトには同情出来るし、その様に自身の子供を扱う『怪物を生み出した』親達が居る事に嫌悪感を抱く。本書はケース・ストーリーと解説とで成るが、あまりにも有名な殺人鬼が取り上げられていた為、既に知っている内容だったが、恐怖と『何故?』の疑問は尽きない。この様な本をもっと出版して欲しい。

このレビューは参考になりましたか?

シリアルキラーとそうならない人との違いはどこなんだろう。
そう思いながら読みました。
辛い環境でも善行を重ねる人、成功を収める人、犯罪に手を染める人。最後まで読むとどこが分岐点なのかわかった気がします。

このレビューは参考になりましたか?