空と大地に出会う夏

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/07/20 | 掲載終了日 2022/07/07

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#空と大地に出会う夏 #NetGalleyJP


内容紹介

社会へのまなざしに満ちた、ひと夏の成長ものがたり

佐合理一郎(リイチ)は、言葉できちんと説明できないことやムダがきらいな小学校6年生。成績も優秀、スポーツもピアノもそつなくこなすリイチだが、親友の準也のようには、将来の目標がもてずにいた。

ピアノのレッスンの帰り道、同じ学校の海空良(みそら)と出会う。あきらかにウマがあわないタイプの女子・海空良に連れられていったのは、中上大智の家だった。

4年生のときのある出来事がきっかけで、大智には会いたくないと思っていたが、強引な海空良のペースに巻きこまれるように、大智とも顔をあわせるようになって……

ムダがきらいな少年・リイチが、寄り道ばかりの海空良や大智といった多様な人々と出会うことで、自分の生き方を見つめ、周囲の人間との関係をとらえ直す、ひと夏の成長ものがたり。

社会へのまなざしに満ちた、ひと夏の成長ものがたり

佐合理一郎(リイチ)は、言葉できちんと説明できないことやムダがきらいな小学校6年生。成績も優秀、スポーツもピアノもそつなくこなすリイチだが、親友の準也のようには、将来の目標がもてずにいた。

ピアノのレッスンの帰り道、同じ学校の海空良(みそら)と出会う。あきらかにウマがあわないタイプの女子・海空良に連れられていったのは、中上大智の家だった。

4年生のときの...


出版社からの備考・コメント

【著者プロフィール】
濱野京子(はまのきょうこ)
熊本県生まれ。『フュージョン』(講談社)でJBBY賞、『トーキョー・クロスロード』(ポプラ社)で坪田譲治文学賞を受賞。おもな作品に『この川のむこうに君がいる』(理論社)、『バンドガール!』『野原できみとピクニック』(以上、偕成社)、『ドリーム・プロジェクト』『県知事は小学生?』(以上、PHP研究所)、『夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの』(あかね書房)、『ソーリ!』『with you』(くもん出版)、『マスクと黒板』(講談社)、『谷中の街の洋食屋 紅らんたん』(ポプラ社)など多数。

【著者プロフィール】
濱野京子(はまのきょうこ)
熊本県生まれ。『フュージョン』(講談社)でJBBY賞、『トーキョー・クロスロード』(ポプラ社)で坪田譲治文学賞を受賞。おもな作品に『この川のむこうに君がいる』(理論社)、『バンドガール!』『野原できみとピクニック』(以上、偕成社)、『ドリーム・プロジェクト』『県知事は小学生?』(以上、PHP研究所)、『夏休みに、ぼくが図書館で見つけたもの』(あ...


おすすめコメント

現代社会で起こっているさまざまな問題に目を向けて作品を書いてこられた、濱野京子さん最新作。

本書でも、濱野さんらしい「社会へのまなざし」が随所に見られます。登場人物の家族を通して描かれる「新しい家族の形」や「義務教育」についての言及、「校則」や「ジェンダー」……。

小学生の読者に、社会への関心をもつきっかけを提供するとともに、こうした話題を小学生にも考えてほしいと願う大人にとっても関心の高い一冊になるはずです。

SNSで感想をつぶやいていただけたら嬉しいです。ただし、表紙、本文ともに製作段階のものですので、申し訳ありませんが、画像公開はご遠慮ください。

現代社会で起こっているさまざまな問題に目を向けて作品を書いてこられた、濱野京子さん最新作。

本書でも、濱野さんらしい「社会へのまなざし」が随所に見られます。登場人物の家族を通して描かれる「新しい家族の形」や「義務教育」についての言及、「校則」や「ジェンダー」……。

小学生の読者に、社会への関心をもつきっかけを提供するとともに、こうした話題を小学生にも考えてほしいと願う大人にとっても関心の高い一冊になる...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784774333793
本体価格 ¥1,300 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

米津玄師が歌うパプリカの
アニメーションMVに触発された様な内容。
誰でも何処かに心に刺さる場面がある筈。
みんな違ってみんないい
とただ言葉にするのではなく
それを伝える為に如何に
著者が工夫を凝らしているのかが
文章から伺えて嬉しくなった。
100ページもないのでもっと
ずっと読んでいたくなりました。

このレビューは参考になりましたか?

無駄な事が苦手で、勉強も運動もなんでもそつなく器用にこなしてしまうリイチは周りからの評価も“冷静なやつ”。両親共に合理的で、家族の中でタイプが違うのは姉の真彩くらい。
親友の準也は中学受験にむけて忙しそうで今までのように遊べなくなってしまった。
ある日、ピアノ教室帰りに、切符をなくした同級生の海空良にお金を貸したきっかけで、転校していった大智との交流が始まる。気が合うわけではないのに凸凹な3人でいる心地好さを感じるリイチ。
そんな中、幼なじみの中学受験とその理由を知り、今まで“知っている”と感じていたのに、周囲の人々の考えてもみなかった側面を知ることになる。
お互いの立場での対話ではなく、1人の人間同士として向き合い始めようとしたリイチの成長しようとする姿が眩しかったです。

このレビューは参考になりましたか?

自分とは違うタイプの人に、一方的に苦手意識を持ったり距離を置いてしまいがち。それは大人も子どもも同じだと思う。でも、もし子どものときに、タイプの違う人と仲良くなれたなら、お互いの良さを認め合えたなら、それは貴重な財産になる。
大きなイベントや事件は起きないけれど、そんな貴重な経験ができた理一郎のひと夏のお話。キラキラして見えた。

このレビューは参考になりましたか?