忘れたとは言わせない

この作品は、現在アーカイブされています。

ぜひ本作品をお好きな書店で注文、または購入してください。

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/08/29 | 掲載終了日 2022/07/10

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#忘れたとは言わせない #NetGalleyJP


内容紹介

23年前に起きた凶悪事件の犯人として、保護施設で育ったウーロフ。彼が釈放され、実家に戻ったその日、事件は起きた。ウーロフの父が斬殺されたのだ。長く町を離れていたウーロフは、陰惨な事件を起こした犯罪者と白眼視されており、再び犯人と疑われてしまいます――。現代と23年前の二つの事件を、ウーロフの幼なじみの女性刑事が捜査に当たります。意外な展開をぜひお楽しみいただきたく、感想コメントを募集いたします。

23年前に起きた凶悪事件の犯人として、保護施設で育ったウーロフ。彼が釈放され、実家に戻ったその日、事件は起きた。ウーロフの父が斬殺されたのだ。長く町を離れていたウーロフは、陰惨な事件を起こした犯罪者と白眼視されており、再び犯人と疑われてしまいます――。現代と23年前の二つの事件を、ウーロフの幼なじみの女性刑事が捜査に当たります。意外な展開をぜひお楽しみいただきたく、感想コメントを募集いたします。


出版社からの備考・コメント

スウェーデン推理小説アカデミー最優秀ミステリ賞
スカンジナヴィア推理作家協会ガラスの鍵賞受賞

スウェーデン推理小説アカデミー最優秀ミステリ賞
スカンジナヴィア推理作家協会ガラスの鍵賞受賞


おすすめコメント

トーヴェ・アルステルダールは、スウェーデンで最も有名なサスペンス作家の一人です。若い頃は看護師として働き、ジャーナリスト、映画演劇のシナリオライターとして活躍、スウェーデンのベストセラー作家リザ・マークルンドの編集者を務めたのち、2009年に『海岸の女たち』でデビュー。これまでに6冊のサスペンスを執筆、スウェーデンとフランスで文学賞を受賞、高い評価を得ています。

捜査官エイラ・シェディンを主人公とし、スウェーデン北東部ハイコースト地方を舞台にした本作は2020年10月に刊行され、推理小説アカデミーの最優秀ミステリ賞、翌年スカンジナヴィア推理作家協会の「ガラスの鍵」賞をダブル受賞しています。

アルステルダールは、自分のルーツを辿り故郷を旅する女性、新たなスタートを切るために外国に移住するカップル、失った母の過去を探り海を渡る女性など、登場人物の体験を通じて社会問題に光を当て、鋭い筆致と綿密なリサーチにもとづいた小説を執筆、ページターナーとして知られています。

トーヴェ・アルステルダールは、スウェーデンで最も有名なサスペンス作家の一人です。若い頃は看護師として働き、ジャーナリスト、映画演劇のシナリオライターとして活躍、スウェーデンのベストセラー作家リザ・マークルンドの編集者を務めたのち、2009年に『海岸の女たち』でデビュー。これまでに6冊のサスペンスを執筆、スウェーデンとフランスで文学賞を受賞、高い評価を得ています。

捜査官エイラ・シェディンを主人公とし...


販促プラン

伊岡瞬さん、杉江松恋さん推薦

伊岡瞬さん、杉江松恋さん推薦


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784041128848
本体価格 ¥2,500 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)