永遠の夏をあとに

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/07/19 | 掲載終了日 2022/07/19

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#永遠の夏をあとに #NetGalleyJP


内容紹介

田舎町に住む小学六年生の拓人は、幼い頃に神隠しに遭い、その間の記憶を失っている。そんな彼の前に、弓月小夜子と名乗る年上の少女が現れた。以前、拓人の母とともに三人で暮らしたことがあるというが、拓人はどうしても思いだせない。母の入院のため、夏休みを小夜子(サヤ)と過ごすことになった拓人。だが、サヤはなぜか自分のことを語ろうとしない。拓人の記憶に時折よぎるのは、降りしきる花びらと、深山で鳴りつづけるバイオリンの音、月が狂ったように輝く海──なぜ俺はサヤを忘れてる? 少年時代のきらめきと切なさを描いた傑作。

田舎町に住む小学六年生の拓人は、幼い頃に神隠しに遭い、その間の記憶を失っている。そんな彼の前に、弓月小夜子と名乗る年上の少女が現れた。以前、拓人の母とともに三人で暮らしたことがあるというが、拓人はどうしても思いだせない。母の入院のため、夏休みを小夜子(サヤ)と過ごすことになった拓人。だが、サヤはなぜか自分のことを語ろうとしない。拓人の記憶に時折よぎるのは、降りしきる花びらと、深山で鳴りつづけるバイ...


販促プラン

いただいたご感想はPOP等拡材、弊社HP、Twitter等で幅広くご紹介できればと存じます。

キャッチコピー一言でも長文でも結構ですので、熱意のあるコメントをお待ちしております!

よろしくお願いいたします。

いただいたご感想はPOP等拡材、弊社HP、Twitter等で幅広くご紹介できればと存じます。

キャッチコピー一言でも長文でも結構ですので、熱意のあるコメントをお待ちしております!

よろしくお願いいたします。


出版情報

発行形態 文庫・新書
ISBN 9784488803049
本体価格 ¥780 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

90年代のサブカル豊富に盛り込みながらも
現在形で埋もれさせられている虐待事件。
逃避と安住の地を求め
一旦得られはしても引き離される現実。
古代からの神隠しが切なく介入し
再び時が動き出す夏。

このレビューは参考になりましたか?

解き明かさなくて良いものは、そのままで。
いくつかの不明点ははっきりしたけれど、すっきり解明されないものも残っています。
でも、小6という小学生最後の年を、ノストラダムスの終末思想の予言の年(1999年)として過ごす少年少女たちは、すごく不安定ではあるけれど、十分に大人だなと思いました。
ある意味、怖いお話だけれど、先が気になり、どんどん読み進んでしまった作品でした。
ちょっと寂しいけれど、素敵な作品です。

このレビューは参考になりましたか?