おばあさんが帰ってきた

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/08/24 | 掲載終了日 2022/08/24

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#おばあさんが帰ってきた #NetGalleyJP


内容紹介

 ある日突然、67年ぶりに帰ってきたおばあさんは、最初からこの家で一緒に暮らしていたかのように振る舞う。日本軍人と恋に落ちて夫と子供を捨て、最初からこの世に存在しなかった人のように完全に忘れられていったおばあさん。そんな彼女に、主人公の若者のおじいさん、父、おばさんは、今更帰ってくるなんて臆面もないと非難する。

 ところが、それに反撃するおばあさんの一言。「60億ウォン(約6億円)がある」、それから家族全員がその資産を巡ってドロドロの争奪戦を始める。

 60億ウォンの行方は? そもそも60億ウォンは本当に存在するのか。誰一人気にしていなかったおばあさんが、いきなり帰ってきた本当の理由は何なのか?

 物質主義に落ちた社会で、自分の人生を認めてもらうための、おばあさんの闘争をコミカルに描く。

 ある日突然、67年ぶりに帰ってきたおばあさんは、最初からこの家で一緒に暮らしていたかのように振る舞う。日本軍人と恋に落ちて夫と子供を捨て、最初からこの世に存在しなかった人のように完全に忘れられていったおばあさん。そんな彼女に、主人公の若者のおじいさん、父、おばさんは、今更帰ってくるなんて臆面もないと非難する。

 ところが、それに反撃するおばあさんの一言。「60億ウォン(約6億円)がある」、それ...


出版社からの備考・コメント

※書影はダミーです。実際の表紙とは異なります。

※書影はダミーです。実際の表紙とは異なります。


おすすめコメント

韓国でドラマ化、映画、演劇、ミュージカル版権も成約!

『82年生まれキム・ジヨン』の作家、チョ・ナムジュがおススメする作品!

韓国でドラマ化、映画、演劇、ミュージカル版権も成約!

『82年生まれキム・ジヨン』の作家、チョ・ナムジュがおススメする作品!


販促プラン

書店の皆さま

初回指定のご希望がございましたら、

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)

書店の皆さま

初回指定のご希望がございましたら、

光文社書籍販売部 近藤、川原田までご連絡ください!(☎03-5395-8112)


出版情報

ISBN 9784334914820
本体価格 ¥0 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

帰還する女性の話であり
DVの歴史であり他人を受容する話。
韓国の奥田英朗と言われるだけのことはある。
韓国の小説が苦手な人も序盤は躊躇してしまう
場面もあるかと思いますが
終盤にしっかり報われますので
食べず嫌いにはなって欲しくはないと思っています。
暴力の歴史が描かれていても感動もできる
不思議な作品。

このレビューは参考になりましたか?

Grandma, who was assumed to be dead, returns home after 67 years. The family decides to have her leave their home but change their tune when she reveals she has ~4 million dollars to her name. But where is the money? And why has she come home now? In this story we follow the out-of-work grandson as he watches his dysfunctional family come to terms with the disappearance and reappearance of the family matriarch and as they try to discover what grandma has actually be doing for the last 67 years.

The author does a good job of covering some pretty dark topics while keeping the overall tone of the book light. It's a fun read that goes by a lot faster than it feels.

このレビューは参考になりましたか?