水まきジイサンと図書館の王女さま

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/07/14 | 掲載終了日 2022/07/18

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#水まきジイサンと図書館の王女さま #NetGalleyJP


内容紹介

『デフ・ヴォイス〜法廷の手話通訳士』(文春文庫)で話題をさらった丸山正樹氏、初めての児童書!


『デフ・ヴォイス〜法廷の手話通訳士』のスピンオフ版である本作品は、コーダ(ろう者の両親の家庭で育った聴者の子ども)である主人公の手話通訳士の再婚相手の子ども美和と、シリーズ2作目に登場する友だち英知の学校を舞台に繰り広げられる。

「水まきジイサン」「図書館で消えたしおり」「猫事件」「耳の聞こえないおばあさん」などのストーリーが、ミステリーの要素も加わり、少しずつリンクしていく。美和は義父から習った手話が使える。発達障害や場面かん黙症という特性をもつ英知も、人前で話すことができないが手話を習得していて、二人の会話は手話である。オリジナリティあふれる物語。謎は解けるのか!

巻末に手話の説明付き。



『デフ・ヴォイス〜法廷の手話通訳士』(文春文庫)で話題をさらった丸山正樹氏、初めての児童書!


『デフ・ヴォイス〜法廷の手話通訳士』のスピンオフ版である本作品は、コーダ(ろう者の両親の家庭で育った聴者の子ども)である主人公の手話通訳士の再婚相手の子ども美和と、シリーズ2作目に登場する友だち英知の学校を舞台に繰り広げられる。

「水まきジイサン」「図書館で消えたしおり」「猫事件」「耳の聞こえないおばあさん」...


出版社からの備考・コメント

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。

【ご注意下さい】 ここに掲載している作品データは刊行前のものです。刊行までに内容の修正があり、仕様の変更がある場合もございますが、ご了承下さい。


販促プラン

【著者紹介】

作 丸山正樹(まるやままさき)

1961年、東京都に生まれる。早稲田大学卒業。シナリオライターとして活躍の後、松本清張賞に応募した『デフ・ヴォイス』(文藝春秋)で、作家デビュー。コーダ(ろう者の両親の家庭で育った聴者の子ども)である手話通訳士を主人公にしたミステリーで、話題となり、続編の『龍の耳を君に』『慟哭は聴こえない』『わたしのいないテーブルで』(以上東京創元社)などが次々と刊行される。他の作品に『漂う子』(文春文庫)『ワンダフル・ライフ』(光文社)などがある。児童書はこの作品が初めてで、本書は「デフ・ヴォイス」シリーズからのスピンオフ作品。


絵 高杉千明(たかすぎちあき)

長崎県に生まれる。福岡教育大学卒業、実践装画塾、坂川栄治の装画塾などを経て、イラストレーターとして活躍中。年齢、性別問わず、人物を描くことが得意。多くの装画、挿絵などを手がける。主な装画の仕事に、丸山正樹氏の作品『龍の耳を君に』などのシリーズ、『末ながく、お幸せに』(小学館)、『オートリバース』(中央公論新社)、『父子ゆえ〜摺師安次郎人情暦』(角川春樹事務所)、『駒音高く』(実業之日本社)などがある。


【著者紹介】

作 丸山正樹(まるやままさき)

1961年、東京都に生まれる。早稲田大学卒業。シナリオライターとして活躍の後、松本清張賞に応募した『デフ・ヴォイス』(文藝春秋)で、作家デビュー。コーダ(ろう者の両親の家庭で育った聴者の子ども)である手話通訳士を主人公にしたミステリーで、話題となり、続編の『龍の耳を君に』『慟哭は聴こえない』『わたしのいないテーブルで』(以上東京創元社)などが次々と...


出版情報

発行形態 ハードカバー
ISBN 9784036355303
本体価格 ¥1,000 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)