人と数学のあいだ

ログインするとリクエスト可能か確認できます。
出版社がKindle閲覧可に設定した作品は、KindleまたはKindleアプリで作品を読むことができます。

1
KindleまたはKindleアプリで作品を閲覧するには、あなたのAmazonアカウントにkindle@netgalley.comを認証させてください。Kindleでの閲覧方法については、こちらをご覧ください。
2
Amazonアカウントに登録されているKindleのEメールアドレスを、こちらにご入力ください。
刊行日 2022/01/10 | 掲載終了日 未設定

ぜひ次のハッシュタグを付けてSNS等へご投稿ください:#人と数学のあいだ #NetGalleyJP


内容紹介

数学を学ぶことは、人間を学ぶこと

数学×物理学・プログラミング、ビジネス、小説、脳科学

数学の可能性を探る、4人との異分野対談!


■目次■

はじめに――数学を学ぶことは人間を学ぶこと

社会の至るところに浸透している数学

数学を学ぶことは人間を学ぶことである

数学を楽しむということ

数学するとは生きること――竹内薫さん

数学と孤独――岩井圭也さん

数学と脳――上野雄文さん

コンテンツとしての数学――川上量生さん

第1章 数学することは、生きること  加藤文元×竹内 薫

数学とプログラミングとクリエイティビティ

ルービックキューブで「群論」が分かる?

自分で「発見」することの大切さ

数学は人間が生み出したのか、自然にあるものか

数学はすごい、でも物理学もすごい

未来の数学の姿

第2章 数学と文学の交差点——すべての表現者は孤独か?  加藤文元×岩井圭也

なぜ、数学者を題材に小説を書こうと思ったのか

天才数学者の孤独

共同で革新的アイデアを生み出すことは可能か

作家の孤独

孤独とストイックの違い

「共鳴箱」の必要性

数学と文学の共通項

第3章 数学と脳科学――数学者の精神と脳科学の数理  加藤文元×上野雄文

脳から数学を読み解く

ガロアの死亡診断書

「数学脳」はあるのか?

数学と視覚の関係

数学者も言葉を通して考える

数学における〈正しさ〉とは何か

野山を駆け回ることと発想力

機械に数学はできるか

数学が「一つ」であること

人間の脳は、どのように抽象概念を手に入れたか

第4章 数学は「役に立つ」のか?  加藤文元×川上量生

数学という最高のエンターテインメント

数学はビジネスの役に立つのか

プログラムや法律の複雑度を「幾何学的」思考で測る

現代数学は「非可逆圧縮」された情報だと考えられる?

現代数学の可能性を探る――古典数学と現代数学の違い

「空間化」することの意味

数学における空間の考え方の変遷


数学を学ぶことは、人間を学ぶこと

数学×物理学・プログラミング、ビジネス、小説、脳科学

数学の可能性を探る、4人との異分野対談!


■目次■

はじめに――数学を学ぶことは人間を学ぶこと

社会の至るところに浸透している数学

数学を学ぶことは人間を学ぶことである

数学を楽しむということ

数学するとは生きること――竹内薫さん

数学と孤独――岩井圭也さん

数学と脳――上野雄文さん

コンテンツと...


出版情報

発行形態 ソフトカバー
ISBN 9784798701837
本体価格 ¥1,800 (JPY)

閲覧オプション

NetGalley Shelf App (PDF)
ダウンロード (PDF)

NetGalley会員レビュー

数学という学問は、どうしても好きになれなかった苦手な分野だ。だからこそ、数学を愛する人からは一体どんな世界が見えるのか興味が湧いた。この本では、様々な分野のエキスパートとの対談の中で、様々な視点から数学の魅力が語られていく。そうか、数学には古典数学と現代数学があるのか、とかルービックキューブは数学的に解けるのか、とか、読んでいて新しい発見ばかりだった。ガロアの本もいつか読んでみよう。

このレビューは参考になりましたか?